無音の音楽に著作権使用料は発生するか

アメリカ作曲家ジョン・ケージの作品に「4分33秒」というピアノ曲があります。この曲は演奏者が一切演奏せず4分33秒を無音のまま終わらせるという曲?ですが、「JASRAC」の管理楽曲でもあります。
この曲を有料のコンサートなどで演奏した場合(といっても、一つの音も出さないわけですが)、やはり著作権使用料が発生するのでしょうか。それ以前に、音を出さない音楽に音楽著作権が発生するものなのでしょうか。
一般的質問で申し訳ありませんが、もし宜しければお考えを伺わせてください。
2017年05月13日 10時20分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県2
ありがとう
 著作権が発生する理由はありません。無音そのものは著作ではないからです。

2017年05月13日 11時01分

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
中島先生のご指摘の通りです。
ネット上で話題になりましたが,著作物にあたるために創作性が必要です。
無音に創作性はありません。したがって,著作権法による保護はありません。

2017年05月13日 11時30分

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
無音の録音著作物(レコードやCD)については著作権が発生しません。従って使用料の支払は不要です。

録音著作物の使用について、著作使用料が発生するとの問いについては、中島弁護士、西口弁護士の回答の通りだと思います。無音を録音した音源については創作性がなく、著作権がないとおっしゃっているのだと思います。同意します。

他方で、ジョン・ケージの作品「4分33秒」を実際に観客の前で公演すれば、無声映画やサイレントの演劇と同じように、そのパフォーマンス(表現行為)はきちんと著作権で保護されます。この作品は、劇場やホールで公演することで、その場の観客が発する雑音であったり、指揮者と演奏者の対峙する様子などを固定された時間で切り取ったという点に創作性が認められるものです。たとえば、この公演の様子を録画したビデオを無断でYouTubeで配信すれば、著作権侵害と権利者から主張される危険はあります。また、「4分33秒」のスコア(楽譜)というもの存在し、実際に見たことがなければイメージしにくいと思いますが、そのスコアも著作権で保護されます。念のために補足します。

2017年05月13日 14時19分

相談者
 ご回答いただきまして有難う御座いました。御礼申し上げます。

2017年05月14日 17時25分

この投稿は、2017年05月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • (著作権)私的使用のための複製について

    下記のような「私的使用のための複製」は大丈夫ですか? ・私的使用目的でWEBページを印刷する。 ・私的使用目的で音楽CDの曲をデジタルオーディオプレイヤーに入れる。(音楽CDはコピーガードのないもの) ・私的使用目的でテレビ番組を録画する。 私的使用とは個人または家庭内での利用を意味します。 ※回答は弁護士のみで...

  • 著作権の切れた楽曲のレコード(保護期間内)を複製して、個人音楽教室で利用する際の著作隣接権について。

    楽器の個人音楽教室を主宰しています。生徒の指導には、著作権の期限の切れたクラシックの楽曲(作曲者の死後50年以上経過したもの)を扱っています。 教室内では模範演奏として講師自身で演奏する以外に、巨匠の演奏家の鑑賞や練習時の伴奏の音源として、また合奏練習の目的で、CDなどの音源を再生装置で再生することがあります。...

  • 音楽等、著作権について

    音楽の著作権についてです。 この度、カセットテープ、MD等からCD-RまたはMP3等への録音代行業務を始めたいと思っています。 そこで気になったのですが、例えば趣味でメジャーアーティストのコピーバンドをしている方が演奏した録音物を、録音変換し、利益を得ることは著作権にふれるのでしょうか? また、民謡、学校での合唱、詩吟...

  • 音楽を演奏しお金を取る行為について

    プロが作詞作曲した音楽をアマチュア音楽家がレストラン等で演奏し、お金を取る行為は著作権法等には抵触しないのでしょうか?

  • 音楽事務所退所後のライブでの楽曲使用に関して

    この度、知人が音楽事務所を退所する事になりました。 事務所に所属していた際に会社側が用意したオリジナル曲(作詞は自分)を今後もライブで歌い続けたいと考えているようです。 なお、ここの事務所はインディーズレーベルで、JASRAC登録などはしていない楽曲です。 楽曲の複製・販売などは考えておらず、 あくまでも今ある音源...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。