ホームページの著作権譲渡金額の違法性について

クライアントから依頼されたホームページを外部の業者に委託し制作しました。
制作する際には、業者と著作権について等の契約書やその様な話は行っていません。
制作費は支払済みです。

この度、著作権譲渡をする場合の買取金額をお聞きしたところ、
制作費☓200%で回答がきました。
制作費が80万弱のため、見積もり額は160万程です。
あまりの高額に驚いています。
この金額は、ふっかけ過ぎなのではないでしょうか?

著作権譲渡をお願いしようと思った理由は、
この業者にはホームページ以外にもチラシの制作などをお願いしていましたが、
著作権に関して他社にて嫌な思いをされたようで、それ以降、著作権に関して
高額の費用を提示されるようになりました。
チラシの増刷を当社でしたいとお伝えすると、著作権買取で33万する等。
※当初制作費:19万(A4両面、3000枚印刷込み)

これ以上のお付き合いは出来兼ねると考えて、一番尾を引くと考えられるホームページの
著作権譲渡を検討しています。

この際の、、、
(1)ホームページの著作権譲渡の金額は、妥当なものなのでしょうか?
(2)業者には、制作の際に著作権に関する事などに対しての「説明責任」などは無いのでしょうか?
(3)契約書がなくすすんだ今回の場合、後になって高額な著作権譲渡費用を言ってくることは、
違法性はないのでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願い致します。
2016年02月01日 11時37分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
著作権譲渡について相場のようなものはないので、互いの交渉や力関係によって決せられるものです。お互いがご自由にご判断を、という結論にしかなりません。
説明責任については著作権譲渡についてまで説明する義務は無いと考えます(通常、著作権の譲渡までしないため)。従って、相手方の行っていることは特に違法ではありません(納得できないのであれば、拒否するだけです)。

2016年02月01日 11時57分

この投稿は、2016年02月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,796名の弁護士から、「知的財産・特許に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 業務委託における著作権譲渡条件の変更について

    イラストレーター(WEBメイン)として、2ヶ月ほど前にあるソーシャルクリエイト会社と業務委託契約をしました。 その業務委託契約書のなかに、1、著作権は譲渡する、2、著作者人格権は行使しない、旨の記載がありました。WEBイラスト周辺業界?では、著作権譲渡、著作人格権不行使が当たり前のように謳われているので、それが普通なの...

  • 著作者人格権/氏名表示権/公表権

    初めまして、質問させて頂きます。 過去に私が一般公募で採用して頂いたキャラクターの著作権を譲渡 しております。 数年後、とある地方の会報誌の取材に対して、私が自分の作品として 画像、キャラクター名を載せて頂こうと、お願い致しました。 ですがその前に著作権の譲渡先に一応の了承を取りたいと思い問い合わせた所、...

  • 著作権買取の相場価格

    私の会社でバイトをしている美術大学に通う女子大生に、法人のイメージキャラクターになるイラスト作成を頼みました。バイトの合間に考えてはどうですかと聞かれる事もありましたが1週間程度で出来上がりました。なかなか、良い出来と周囲の評判が良かったので、相談者の私が法人格で商標登録(10年)をしました。商標登録もしたしちゃ...

  • 景品表示法における雑誌業の定義について(雑誌の懸賞に関して)

    オンライン上で記事コンテンツを販売している者です。 コンテンツは毎日1,000円で配信しており、日刊***という名称で雑誌のようなレイアウトにしています。 この度、購入者に対して懸賞を実施することを検討しております。 景品表示法には雑誌業や新聞業を行う者に対して特例がありますが、この「雑誌業」「新聞業」にオンライン上...

  • 特許書類は著作権として扱われるでしょうか?

    特許は工業所有権を守るものですが、特許の書類自体は著作権なので、たとえ特許査定されなくても、特許書類に記載したことは著作権として権利を主張できるでしょうか? 国内では個人の特許や著作権は軽く扱われ、企業の物だけが不当に権利が扱われ 本の題名のパロディーでも「著作権に便乗した」と因縁を付けられるなど かなり著...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。