ホームページの著作権譲渡金額の違法性について

公開日: 相談日:2016年02月01日
  • 1弁護士
  • 1回答

クライアントから依頼されたホームページを外部の業者に委託し制作しました。
制作する際には、業者と著作権について等の契約書やその様な話は行っていません。
制作費は支払済みです。

この度、著作権譲渡をする場合の買取金額をお聞きしたところ、
制作費☓200%で回答がきました。
制作費が80万弱のため、見積もり額は160万程です。
あまりの高額に驚いています。
この金額は、ふっかけ過ぎなのではないでしょうか?

著作権譲渡をお願いしようと思った理由は、
この業者にはホームページ以外にもチラシの制作などをお願いしていましたが、
著作権に関して他社にて嫌な思いをされたようで、それ以降、著作権に関して
高額の費用を提示されるようになりました。
チラシの増刷を当社でしたいとお伝えすると、著作権買取で33万する等。
※当初制作費:19万(A4両面、3000枚印刷込み)

これ以上のお付き合いは出来兼ねると考えて、一番尾を引くと考えられるホームページの
著作権譲渡を検討しています。

この際の、、、
(1)ホームページの著作権譲渡の金額は、妥当なものなのでしょうか?
(2)業者には、制作の際に著作権に関する事などに対しての「説明責任」などは無いのでしょうか?
(3)契約書がなくすすんだ今回の場合、後になって高額な著作権譲渡費用を言ってくることは、
違法性はないのでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願い致します。

421760さんの相談

回答タイムライン

  • 高橋 建嗣 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    著作権譲渡について相場のようなものはないので、互いの交渉や力関係によって決せられるものです。お互いがご自由にご判断を、という結論にしかなりません。
    説明責任については著作権譲渡についてまで説明する義務は無いと考えます(通常、著作権の譲渡までしないため)。従って、相手方の行っていることは特に違法ではありません(納得できないのであれば、拒否するだけです)。

この投稿は、2016年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「著作権」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから