お祭りの写真の所有権と肖像権について教えてください。

公開日: 相談日:2017年11月27日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

市と半官半民団体の後援で行われた、お祭りがありました。
その祭りの出店者らしき人物が「祭り出勤」とコメントしツイッターの個人アカウントに写真を掲載していました。
祭りの出演者ではなく、一般の来場者が出店の行列に並んでいる写真です。
加工されず、来場者の顔が確認できる状況です。
個人情報が絡む写真について法的な意見が知りたくて質問いたします。

1.この場合の写真の所有権は何処に帰属するのでしょうか?
2.この場合、肖像権侵害だと思うのですがどうなのでしょうか?
3.他に法律上の問題は無いのでしょうか?

608714さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    >1.この場合の写真の所有権は何処に帰属するのでしょうか?

    写真の著作権は撮影者に帰属します。
    >2.この場合、肖像権侵害だと思うのですがどうなのでしょうか?

    群衆の写真であっても個人が特定できるような場合は、その各人に肖像権が成立する可能性があります。その個人の承諾を得ずにその写真を公表することは肖像権侵害となる可能性があります。

    >3.他に法律上の問題は無いのでしょうか?

    経産省のガイドラインによると、個人が特定できる写真は個人情報に該当する可能性があり、ウェブ上に掲載するときはやはり同意が必要となります。
    ただ、本件は肖像権の問題として捉えられることの多いケースです。

  • 相談者 608714さん

    タッチして回答を見る

    早速の回答ありがとうございます。
    勤務中だと著作権は所属組織が所有するという意見を色々なサイトで見るので疑問に思いました。

    1.「著作権は撮影者」とご回答頂きましたが勤務中だった場合でも著作権は撮影者個人という認識で良いのでしょうか?
    2.この場合、所属組織の責任は問われないのでしょうか?

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >1.「著作権は撮影者」とご回答頂きましたが勤務中だった場合でも著作権は撮影者個人という認識で良いのでしょうか?

    職務著作の要件を満たす場合は使用者に著作権が帰属します。
    「職務上作成」したか否かにより結論が異なります。

    >2.この場合、所属組織の責任は問われないのでしょうか?

    個人が自分で撮影し自分のSNSに上げた場合は、一般的には個人の責任が問題となるにとどまると思います。「職務の執行にあたり」なした不法行為であれば使用者に責任追及できる場合もあり得ますが、責任追及できるかは事例の具体的事情によっても異なってくると思います。

この投稿は、2017年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました