肖像権 スクリーンショット

公開日: 相談日:2017年11月20日
  • 1弁護士
  • 1回答

ビデオ通話中の相手の顔をスクリーンショットで
スマホ内に保存するのは肖像権の侵害に値するでしょうか?
ネットに掲載や、知人に送るなどはしておりません。

606631さんの相談

回答タイムライン

  • 甲本 晃啓 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    法的には特に問題ありません。

    通話内容を無断で録音することについて違法性がないと同じで、ビデオ通話を録画したり、スクリーンショットとして顔が画像として保存したりすることも違法性がありません。通話内容や表情を他人にみだりに保存されないというプライバシーの利益は、相手方がビデオ通話を受け入れている以上は、その通話関する限度で放棄されていると考えられるからです。

    肖像権は法律に規定された権利でなく、解釈によって導かれるもので、そもそも権利性・範囲の外縁も曖昧なので、判例法理が認めている「プライバシーの利益」の一部として、上記の回答・解説といたしました。

この投稿は、2017年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「知的財産」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから