アダルトビデオ出演について

公開日: 相談日:2016年05月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

AV出演の契約をプロダクションと行い、AV出演をしました。
既に撮影は済んでいます。

撮影が済み、それまでは自分も納得していたのですが、撮影後にプロダクションの担当者の方が編集を行い、モザイク処理をしてジャケットを完成したDVDの提示を受けました。

DVDの提示を受け、実際にこれが流通して販売されるのはわかっていたのですが、実際見たときに、なんか突然怖くなり、もうやめたいのでDVDを流通させるのはやめてもらえませんか?とプロダクションの方に言いました。
プロダクションの方は、こちらは、あなたからの肖像権の使用同意もあるし、出費も労力も費やしてDVDが販売できるまで仕上げているのでそれはできないと言っています。



肖像権使用同意書

私は貴社に対し、貴社が私の肖像等を2016年 月 日に撮
影した動画及び画像について、下記の定める使用範囲において無償で使用することに同意
します。また、撮影した動画及び画像に私以外の方の肖像等が映っている場合でも、私を
代表者として、下記の定める使用範囲において無償で使用することに同意します。
また、同意書に記載した内容について偽りがないことを保証します。

【使用範囲等】
1.本動画及び本画像を使用した貴社または貴社が指名した者の作品が、放送・広告・印
刷・商品・各種メディア(CD-ROM、インターネット等)、あらゆる媒体で使用される
ことを許可いたします。また、媒体へ使用されなかった場合でも、意義申し立てを行
いません。
2.本動画及び本画像の選択、光学的創作、変形等に対して意義申し立てを行いません。
3.本動画及び本画像の使用地域を制限しません。
4.本動画及び本画像の使用期間を制限しません。


タレント(AV出演)契約書
第7条(損害賠償)
乙が本契約に定める義務を怠り、甲に損害が生じたときは、乙は金300万円を上限としてその損害を賠償しなければならない。


もともと私はお金がもらえるなら、と思いAV出演しようと思いました。DVDが販売されることを分ってプロダクションと契約しました。肖像権使用同意書にサインした自分も悪いとは思うのですが、このような場合はDVDの流通を止めることは可能なのでしょうか?
もし、可能であれば私は損害金として300万円を支払わなければならないのでしょうか?

451119さんの相談

回答タイムライン

  • 鈴木 崇裕 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    あなたが納得して出演契約を締結したのであれば,撮影・作成済みのビデオの発売を差し止めることは,契約上(法律上)は,困難です。

    しかし,だからといってあきらめることはお勧めしません。
    一度世の中に出回ってしまったビデオは,事実上永久に,消えることはありません(特にネット上に流通した場合)。

    弁護士に依頼して,プロダクションに対して販売の差し止めを請求(交渉)してみてはいかがでしょうか。
    もちろんプロダクションは抵抗し,損害賠償を求めてくると思われます。
    しかし,契約書の第7条が適用される状況とは異なりますし(あなたが「本契約に定める義務を怠り」という状況ではありません。そもそも,第7条は300万円が「上限」であるだけで,必ず300万円とは規定されていません。),もしかすると,あなたに支払った出演料やその他の出費+αの金額で,差し止めに応じてくれるかもしれません。

    プロダクションとしても,ビデオを発売して得られる利益や,弁護士とトラブルになるリスク,すでに発生した出費などもろもろのことを考えて,交渉に応じてくれる可能性があります。
    発売までに時間がない可能性もありますので,迅速な対応をお勧めします。

この投稿は、2016年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す