会社が保有する従業員の顔写真の取扱いについて

公開日: 相談日:2011年01月29日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

弁護士ドットコムにご登録の弁護士の皆様へ
日頃より法的弱者(法的知識に乏しい者)のために、
また法的弁護を必要とする多くの人のために、活動(就労)戴き
心より感謝申し上げます。

本日は下記の事例を基にご質問させて頂きます
どうぞよろしくお願い致します。

<事例>
会社(法人)が所有する従業員の顔写真(部門・部署単位の個人の顔を確認(特定)出来る集合写真)を、
広告(冊子(会社案内)・Webホームページ・チラシ広告等)に使用したいと考え、その写真に写っている従業員全員に対し利用目的の説明をしたところ、 数名の従業員から、個人的な事情があり利用しないでほしいとの申し出がありましたが、個人を特定出来ないよう加工(具体的には小さく印刷)することを条件に利用の承諾得ました。
次にその写真を使用し広告を作成、配布(公開)したところ
それを見た従業員(上記条件にて承諾頂いた従業員)から
個人を特定(具体的には顔)出来るとの指摘があり、約束とは違うとのことから
肖像権の侵害ではないかとの申し出があり、場合によっては
損害賠償請求(民事訴訟)を行うと言われております。
まずは、上記のケースにおいて会社が行った行為が
違法行為であったかどうかを伺いたく質問させて頂きます。
加えて違法行為であった場合の賠償責任において
いかほどの賠償額を支払うこととなるか、様々なケースがあろうかと思いますが、類似した過去の判例等があれば教えて下さい。
また、今後の対応としてどのように進めるべきかアドバイスを頂けば幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

41860さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ご丁寧にありがとうございます。

    さて、回答ですが、個人の特定ができるかどうか、写真を見てみないと判断できません。
    個人が特定できるようであれば、約束に反しているとして損害賠償される可能性はあります。

    慰謝料に相場はあってないようなものなので、参考にとどめて欲しいところですが、金額としては、私の感覚ですが、10万円だと高すぎ、3万円程度でいいかと思います。

    今後について。
    個人の特定ができるかどうか、法律相談に写真を持って行き判断してもらってはどうでしょうか。
    そのときに、損害賠償についてもアドバイスを受けてください。

  • 弁護士 B

    タッチして回答を見る

    個人を特定できないようにするとの約束を破ったわけですから、契約違反です。配布したチラシを回収する費用全額の支払いといったこともあるでしょうが、程度問題でしょうね。

  • 相談者 41860さん

    タッチして回答を見る

    ご回答をお送り頂きました弁護士の皆様
    ご多忙の中、貴重なアドバイスを頂き心より感謝申し上げます。

この投稿は、2011年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す