弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

意見書の執筆者のプロフィール

訴訟の重要な争点(知的財産関係)について、昔からお世話になっているその道のエキスパート(弁護士、弁理士)の先生に、意見書を書いていただく場合です。

その先生の経歴や、勝訴した事件、〇〇の顧問弁護士、などの内容も、裁判官と相手方に伝わればいいと思っているのですが、

・一般的な意見書には。そのような、意見書を書いた人のプロフィールなども書いていただけるのでしょうか。

・私から、準備書面中に、そのようなことを書くことはおかしいでしょうか。よろしくお願いいたします。
Lukeさん
2015年12月25日 15時47分

みんなの回答

平山 諒
平山 諒 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
意見書作成者の経歴やプロフィールを意見書に記載すること自体は,特段不自然な話ではありません。
しかし,どのような事件を取り扱ってきたかといった具体的な内容については,その方の依頼者様との守秘義務など,記載できる内容にも自ずと限度があるでしょう。
また,必ずしも,経歴それ自体やどこかの顧問をしているからという実績だけで意見書の信用性が高まるというものでもなく,経歴よりも意見書の中身,意見自体の方が重要です。
なので,できるだけ先生の経歴もしっかりと書いてください,とお願いをすること自体は良いのですが,どの程度なら詳しく書いてもらえるか,ご相談者様の納得できる程度のものになるかどうかは,その方とよく打ち合わせをしてから,意見書の作成依頼をしてはいかがでしょうか。
準備書面にも,意見書作成者の肩書を書いても,裁判所が重視するのは中身であって,肩書それ自体で意見書の証拠の評価が上がるというものではないので,ふつうは,そこまで長くは書かないことが多いように思います。

2015年12月25日 16時00分

玉木 正明
玉木 正明 弁護士
ありがとう
当職は,ある法学者3名に意見書を書いていもらいました。

プロフィールの書き方は,人それぞれでした。こんな著書があるとか,留学経験があるとか,受賞歴があるとか,逆にまったく書かない人もいました。

その辺は,執筆者の裁量に委ねるべき問題だと思います。準備書面に書くのは違和感があります。

2015年12月25日 17時38分

Luke さん (質問者)
先生方、ありがとうございました。
ご回答を伺って、意見書としての内容が重要であること、プロフィールは作成者にまかせ、準備書面に書くなどはしないほうが主張の品性の面でもいいだろうということを感じました。ありがとうございました。

2015年12月25日 17時52分

この投稿は、2015年12月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 最終準備書面の枚数について

    たびたび質問失礼します。双方、本人訴訟で私が被告で、最終準備書面に取りかかっています。市町村の無料法律相談を利用し、最終準備書面などについてアドバイスをもらいましたが、2回行き、それぞれちがう弁護士でした。そして、問題は内容ではなく、枚数で、30枚近くの最終準備書面になりますが、 ①A弁護士「裁判官が読みやすいよう...

  • 相手方の答弁書の嘘を効果的に潰したいのですが。

     ハラスメントで解雇になり、提訴中の者です。  相手方から答弁書が来ましたが、嘘ばかりで本当に腹が立っています。絶対に許せません!  弁護士の先生と打ち合わせをする前に、答弁書を見ながら、効果的な反論はないものか、と考えております。(答弁書を見ながら、紙に書きだしていました)  文章は弁護士の先生がお書きにな...

  • 上申書

    知り合いが捕まり、4月頃裁判予定です。 本人に対する上申書?というものを集めたいのですが、担当の弁護士さんに言ったところ、必要になるときはお願いします。 と言われ、その後何もアドバイスを頂けません。 本人はとても反省しています。 事件があった以上人によって見方は違うかもしれないですが、本人はとても良い人でした。...

  • 上告趣意書について

    これから 上告を行う者です。 上告趣意書を自分で作成し、弁護士さんを通さずに裁判所へ送るように弁護士さんよりアドバイスいただきました。 基本的に趣意書はどのような内容を書いて良いのでしょうか? 趣意書を自分で作成することは上告審で有効なのでしょうか? 今まで争えなかった内容を書いてはいけないなどの決まりはあるので...

  • 内容証明書で苦情を書けるかについて

    以前、オンラインゲームの事でご質問させて頂きました。今回は別の内容の質問ですが宜しいでしょうか?何かしらのトラブルで起業等にクレームを出すとき、内容証明書を使って出すことが出来ますか?また、想定として万が一最悪な方向(例として嫌がらせ等)に行きそうで出すのが不安な場合、法的なことに触れないケースでも弁護士の方に相談...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。