出社しない従業員を解雇する場合

私は建設会社を経営しております。従業員は5人です。

そのうちのひとりが、会社に不満があるらしく、出社してきません。そのうちに、残業代請求について弁護士がついたそうで、受任通知が届きました。

この場合、この従業員を解雇することはできますか?解雇する前に出社を促す場合、弁護士に促す通知を送るのでしょうか?

g:74tvさん
2016年12月28日 00時17分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
無難な手順は無断欠勤の事実を指摘して、出勤を促しそれでも無視されるなら解雇通知を発するということだと思います。

2016年12月28日 00時21分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> この場合、この従業員を解雇することはできますか?

出勤をいくら促しても出勤してこないとなれば、解雇もありうるのではないでしょうか。

解雇する前に出社を促す場合、弁護士に促す通知を送るのでしょうか?

弁護士がついているのであれば、弁護士に送ることになると思います。

2016年12月28日 01時49分

g:74tv さん (質問者)
ありがとうございます。

弁護士の通知をみますと、残業代請求についての代理人とあります。この場合でも、解雇通知や出勤を促す通知を本人ではなく弁護士さんにだけ送るということでよろしいでしょうか?

2016年12月28日 01時58分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> この場合でも、解雇通知や出勤を促す通知を本人ではなく弁護士さんにだけ送るということでよろしいでしょうか?

一度本人に出してみてもよいかもしれません。
そのうえでそれも弁護士が対応するということであれば、今後は弁護士とやりとりをしてもよいと思います。

2016年12月28日 04時16分

理崎 智英
理崎 智英 弁護士
ありがとう
残業代請求の依頼を受けただけの弁護士であれば、解雇の意思表示は、直接本人にしなければなりません。

2016年12月28日 11時04分

この投稿は、2016年12月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,127名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

従業員による着服・横領事件が起きた場合の刑事告訴や解雇の注意点

従業員が旅費などを不正に申告し、会社のお金を着服していた場合には、被害額の回収やその従業員の解雇をしたいと考えるでしょう。その場合には、恐喝...

「フレックスタイム制」出社・退社が自由でも残業代が発生するケースは?

始業・終業の時間を、労働者が自分で決めることができるーー。「フレックスタイム制」は、その名の通り柔軟な働き方を実現する制度です。一方で、どん...

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

【弁護士Q&A】退職した後元の会社の顧客や従業員を引き抜くことのリスク

退職して独立する場合、独立後に元の会社の顧客や従業員とのコネクションを活用したいと考える人もいるでしょうが、場合によっては元の会社との間でト...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託契約

    業務委託契約を会社と契約しています。 この度、会社から従前の業務に加えてさらなる業務(以降、追加業務)をするよう指示されました。(もらえる報酬は変わりません) 追加業務は行わず、従前の業務のみを行い報酬は以前のまま請求する旨を伝えたところ、追加業務を行わないのなら会社は契約の解除するということです。 追加業...

  • 業務委託契約の変更

    業務委託契約を会社と契約しています。 この度、会社から従前の業務に加えてさらなる業務(以降、追加業務)をするよう指示されました。(もらえる報酬は変わりません) 追加業務は行わず、従前の業務のみを行い報酬は以前のまま請求する旨を伝えたところ、追加業務を行わないのなら会社は契約の解除するということです。 追加業...

  • 解雇権の濫用があると判断した場合はすぐに弁護士に相談するべきである。自己都合から懲戒解雇

    会社で期間従業員(時給制契約社員)の6か月契約更新で勤続年5年で仕分け区分 商品陳列をしていました。契約の更新の際には雇入労働条件通知書を受け取っていました。 私の会社は事業主(使用者)が2年ごとに変わります。 ここで解雇権の濫用法理について述べてみます。 解雇権の濫用法理:使用者の解雇権の行使も、それが客観的...

  • 労働基準監督署にどう主張立証するか

    会社が解雇予告なく突然解雇してきた場合に、会社が「お前が辞めたいといったから解雇した」と主張してきたら、労働基準監督署に従業員が訴える時に、会社に辞める意思を伝えていないことを従業員自身が主張立証しないといけないのでしょうか?

  • 会社都合での解雇の場合

    今回会社都合での解雇で現在の業務が終了ということになりました。 理不尽な会社の対応にも疑念が非常にありますが、会社都合で職を失うのに、次に就職する先について、同業企業、関連企業への就業を制限する内容のものにサインをさせられそうです。 会社都合での解雇の場合、そのような制限を取り払うことは出来ませんか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。