会社は所轄の労働基準監督署の署長の認定を受ければ、従業員を即時解雇できますか?

会社は所轄の労働基準監督署の署長の認定を受ければ、従業員を即時解雇できますか?
2015年06月25日 11時57分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
解雇予告手当を払えば即時解雇は可能です。それについて労基署の認定は不要です。
労基署の認定が必要な場合は、懲戒解雇として解雇予告手当を払わない場合です。

ただし、手続の問題としては、上記の通りですが、その解雇が法律上適切なものかという評価は、別の問題です。裁判であとで解雇無効とされる場合もあります。

2015年06月26日 17時07分

相談者
労基署の認定は簡単に出るものなんでしょうか?また労基署の認定された場合は、裁判をやった時、労働者側に不利になりますか?

2015年06月28日 11時31分

この投稿は、2015年06月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

解雇時に会社から支払われる「解雇予告手当」の金額の目安と請求する方法

会社から解雇を言い渡されて、それを受け入れようと考えている場合でも、一定の条件をみたすと、「解雇予告手当」というお金を会社から支払ってもらえ...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

【弁護士Q&A】会社が一方的に従業員の給与を減額することはできるのか

会社から一方的に減給することを通知されたり、人事異動や降格に伴って減給された場合、従うしかないのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www....

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

この相談に近い法律相談

  • 労働基準監督署に提出していなかった就業規則は、労働契約の内容となるのでしょうか?

    タイムカード管理で時間管理が行われていた子会社に在籍していましたが、 このたび、親会社に吸収合併されました。その時に、新しく雇用契約を結びました。 でも、親会社の就業規則は実は、労働基準監督署に届け出ていないものでした。 親会社では、残業の自己申告制がとられており、周知はしていたのだから、自己申告制は有効だ。と...

  • 労働基準監督署による行政指導に従わない会社に対して刑事告訴をさせるには?

    労働基準監督署が会社に対し行政指導を再三行いましたが、会社は一向に改善しようとしません。 ・就業規則の開示拒否 ・過重労働(残業150時間超/月) ・休みが月に2日しかない ・有給休暇の取得が難しい・有給休暇の賃金が支払われない ・パワハラ ・賃金未払い ・労働組合に対する会社介入 ・その他数多くの違反があります ...

  • 会社の就業規則について

    現在の会社の就業規則の変形労働時間制の届け出が実際に労働基準局に出ているか確認したいです ◾︎現在勤務している会社が1ヶ月単位の変形労働時間制です ◾︎会社の就業規則には1ヶ月の変形労働時間制と記載されているのは確認しています ◾︎変形労働時間制の内容と違う勤務体系で運営されています ◾︎1ヶ月単位の変形労働時間...

  • 裁量労働制の協定届について

    私の勤務先(ゲーム開発会社)では裁量労働制をとっておりますが、 その元となる労使協定をこれまで締結したことがなく、締結した前提で 裁量労働制の協定届のみ労基署に提出してきたそうです。 労基署からは今まで労使協定のことを聞かれたことも改善の指示をされたこともないそうで、 上司によると「ずっとこの方法でやってきた」...

  • 労基署の監査が来ると残業時間改ざん!36協定も知らない上司。呆れるK電鉄

    K電鉄の元社員が労災申請しました。労働基準監督署の聴取で発症前6ヶ月間のこと詳しく聞かれたらしいです。勿論、残業時間のことも。その後、労働基準監督署からK電鉄の職場に監査が入り、その前に職員の残業時間改ざん(殆んどが44時間にしてあったらしい)し労働基準監督署の方でも怪しく思われたらしく、元社員が労働基準監督署(方面)...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。