従業員の解雇と就業規則について

就業規則を今年度から作りました。定年を65歳と設定しています。人件費を削減のために65歳以上の社員がいましたので解雇通知をしました。その方は株主なのですが従業員です。そのせいか解雇を拒否してきます。しまいには自分を取締役に入れようと勝手に司法書士を訪問したりしています。
質問ですが、
この高齢社員を強制的に解雇しても違法ではないでしょうか?
また、株主総会を開かないまま司法書士に行ったことは違法ではないのでしょうか?
もちろん、代表取締役は司法書士に「拒否をしてください」と伝えてるそうです。

ご回答をよろしくお願いいたします。
相談者(172905)からの相談
2013年04月11日 14時20分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
この高齢社員を強制的に解雇しても違法ではないでしょうか?
→就業規則で定められたものであれば,問題はありません。

また、株主総会を開かないまま司法書士に行ったことは違法ではないのでしょうか?
→相談レベルの問題であれば,違法となることはないでしょう。

2013年04月11日 15時09分

この投稿は、2013年04月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】ケガや病気で働けない従業員を休職明けに解雇する条件と注意点

ケガや病気で休んでいる従業員について、やむをえず休職期間が終わるタイミングで解雇したいと考えた場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょう...

「定年65歳未満」の企業がしなければならないことと定年退職した従業員を再雇用するときの注意点

就業規則などで定年を65歳未満にしている場合、企業は、(1)定年を引き上げる、(2)定年を廃止する、(3)定年後も働くことを希望する従業員を引き続...

【人事労務担当者向け】試用期間中の従業員を解雇するための条件と注意するポイント

試用期間中の従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、試用期間中の従業員を解雇するための条件や、解雇...

従業員が犯罪行為をしたとき逮捕段階で懲戒解雇にすることはできるか【弁護士Q&A】

従業員を懲戒解雇処分にできるのは、どのような事情がある場合なのでしょうか。飲酒運転、ストーカー行為、職場内での窃盗行為などは懲戒解雇の理由に...

【人事労務担当者向け】リストラ(整理解雇)の要件と注意するポイント

会社の業績悪化や経営不振などの理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。人員整理のためにおこなわれる整理...

この相談に近い法律相談

  • 個人事業の従業員の解雇

    こんにちは 会社などの法人ではなく個人事業での解雇についてです。 ある日、突然、解雇の意味の話をされて、その当日で勤務終了は法規制の問題は無いでしょうか? 株式会社などの場合は、解雇通告1ヶ月前で1か月分の給料支払いなどの法規制があったと思いますが? よろしくお願い申し上げます。

  • 「就業規則は本社にある。派遣・在宅勤務者は就業規則を見たけりゃ本社まで来い」労基法106条違反?

    以前、この質問サイトにて雇用契約書と離職票について質問しました。 http://www.bengo4.com/roudou/1099/b_373688/ その際の回答の中に以下のような文言がありました。 (引用開始) 雇用契約書と離職票は、発行するしない、は個々の会社の自由なのでしょうか? → 雇用条件通知書、就業規則及び離職票の発行義務があります。...

  • 雇用契約時に聞いた内容と相違している場合の損害について

    今年の3月から5月末まで特殊法人に業務委託を受けた会社で働きだしたのですが、雇用契約書等もなく雇用契約時に聞いていた内容と実際の会社の状況が相違していて、業務委託を受けていた親会社がその会社内で従業員に業務委託を行っておりその従業員との雇用契約となっていました。 以前の職場では約40万円の給与を受けていましたが転職...

  • 就業規則の事で教えて下さい。

    退職にあたり有給休暇を取得中ですが、有給休暇中に他の新しい会社に転職し試用期間中だったのですが、前の会社に知られてしまいました。実際は二日間しか出てません。新しい会社に説明しました。前の会社の就業規則に「社員は会社の承認を得ずに在籍のまま他の事業所の役員または従業員となったりもしくは営利を目的とする事業を営んで...

  • 労基署に未提出の「就業規則」の懲戒事由に基づき従業員を懲戒解雇した場合、解雇は無効になりますか?

    約半年前に従業員を「就業規則」の懲戒事由・解雇事由に基づいて懲戒解雇しました。その従業員は、「解雇は不当」との主張をしていましたので、会社側に対して解雇無効の法的手続きの準備を進めている最中と思われます。当方も、それなりの事前準備が必要と思い、いろいろ点検している過程で、会社の「就業規則」が所轄の労基署に提出さ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

採用・解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。