合同会社の社員退任を認めてもらえません。認められない特例がありますか。

公開日: 相談日:2019年02月28日
  • 2弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

合同会社の執行社員です。このたび、やむを得ない事由(会社の経営不振及び、社員同士の信頼関係の喪失)により、退任の意を表明したところ(退職届を提出)、認められないといわれました。
理由は、私が、会社の借り入れの連帯保証人になっているから、「やむを得ない事由」による退任は認められないというのです。
そのような、特例があるのでしょうか?

もし、認めないというのが不当であり、認めさせるには訴訟を起こす必要がありますでしょうか?
(訴訟をおこさないと解決できないのでしょうか?)

よろしくお願いいたします。

768908さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 合同会社の執行社員です。このたび、やむを得ない事由(会社の経営不振及び、社員同士の信頼関係の喪失)により、退任の意を表明したところ(退職届を提出)、認められないといわれました。
    理由は、私が、会社の借り入れの連帯保証人になっているから、「やむを得ない事由」による退任は認められないというのです。
    そのような、特例があるのでしょうか?

    → そのような特例はありません。

    > もし、認めないというのが不当であり、認めさせるには訴訟を起こす必要がありますでしょうか?(訴訟をおこさないと解決できないのでしょうか?)

    → 認めさせる必要がありません。

  • 相談者 768908さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    >認めさせる必要がない。

    こちらを詳しくご教示ください。

    代表社員から、出社及び業務を命令され、出社を拒否したところ、
    業務妨害で訴えると言われて困っております。
    退任が認められなくても、実際は退任できており、
    業務を行う必要性もないということでよろしいのでしょうか。

    また、退任を認めてもらえないので、
    出資金の譲渡や、登記変更の手続きも進められておりません。
    こちらの手続きを代表社員が拒否し続けた場合は、訴訟を起こす必要がありますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    「やむを得ない事由」による退任は認められないというのです。
    そのような、特例があるのでしょうか?

    ありません。

    もし、認めないというのが不当であり、認めさせるには訴訟を起こす必要がありますでしょうか?

    一方的にやめればよいと思いますが、そこまでするかですね。

    尚、連帯保証人の責任は辞めても付いてきます。
    銀行と話し合って変更することもありますが、この辺りは話し合い次第でしょう。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    出資金の譲渡や、登記変更の手続きも進められておりません。
    こちらの手続きを代表社員が拒否し続けた場合は、訴訟を起こす必要がありますでしょうか。

    はい。もっとも、出資金の譲渡は難しいことが多いです(買い取る人がいないなど)。登記の変更は弁護士に交渉してもらう方が良いでしょう。

  • 相談者 768908さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    一方的にやめればいい。というのは、
    一方的に辞めることが法的に可能。
    一方的に辞めても、相手の言うように、業務妨害、業務命令違反で訴えるなんてことはできない。ということでよいでしょうか。

    そこまでするか。
    というのは、辞めずに社員を続けるのが、いざこざがなく、よい。というアドバイスでしょうか?

    出資金は少額なので、代表社員に対価を要求せず、譲渡と考えております。(返還より手続きが少なくてすむので)

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 一方的に辞めることが法的に可能。
    >
    > 一方的に辞めても、相手の言うように、業務妨害、業務命令違反で訴えるなんてことはできない。ということでよいでしょうか。


    その通りです。
    例えば明日契約があると知っており、行かないと損害を受けると知っていながら、当日やめるなどの事情があれば別ですが。

この投稿は、2019年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから