退職者賞与不支給

公開日: 相談日:2011年12月20日
  • 1弁護士
  • 1回答

当社は就業規則上、「原則として12月1日在籍者に賞与を支給する」とうたっておりますが、11月30日退職者が賞与不支給は納得いかないと要求してきました。
どう対応すればよろしいでしょう。

320745さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位
    タッチして回答を見る

    賞与の支給についての在籍要件が就業規則で定められているということですが,この要件を定めた就業規則が従業員に周知されているのであれば,11月30日に退職した従業員に当該賞与を支給しないということで宜しいと思います。在籍要件が退職時期を不当に遅らせる(退職の自由を侵害する)などの問題もありませんから。つまり一日遅らせれば当該従業員は所与の支給を受け,退職することが可能だったわけです。
    賞与支給についての在職要件の有効性は,問題点の指摘はあるものの,判例で認められているところです。

この投稿は、2011年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから