会社の跡継ぎ問題

数年前の話になります、私は当時特殊な土木建築業をしておりました。
現在の妻と結婚する際、義祖父(当時社長)に「会社の跡継ぎが居ないから会社に入って跡を継いでくれ無いか?」と言われ承諾しました。
その際の口約束が

①土木建築と比べて給料が安いので差額分を補填する。

結果的にほぼ守られていませんでした。

そんな中、会社に入れば義理の叔父が社長になっており、義祖父は会長職へ、、、、、
モヤモヤしたまま数年過ごしました、つい昨年、義祖父が亡くなり。

もう義理建ても必要ないかと思い退職を考えているんですが、
差額分の金銭は回収できるのでしょうか?
因みに金額は土木建築業の給料をベースアップ無しに単純計算しても500万から600万位になります。
相談者(249004)からの相談
2014年04月30日 20時29分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
口約束で賃金差額を支払う合意が成立していたことを立証するのは、ほぼ不可能と思います。

2014年04月30日 21時12分

弁護士B
ありがとう
差額分の金銭は回収できるのでしょうか?
>とりあえず、交渉はしてみて下さい。約束はあったのですから。

2014年04月30日 21時40分

弁護士C
ありがとう
差額分の金銭は回収できるのでしょうか?

約束があったのであれば請求されてみてはいかがでしょうか。
賃金に関する請求の時効は2年です。

2014年05月01日 05時47分

この投稿は、2014年04月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 同族会社で父がオーナーである義理の弟に騙されそうです。何か騙されない良い方法はないでしょうか?

    いつもお世話になっております。 一番、大切な質問をさせて頂きます。 父親(77歳)は同族企業の株主(全体の20%の株を保有)でありますが、大株主(全体の51%の株を保有)である義理の弟に騙されそうです。父の家(私も住んでいる家)はこの会社の根抵当権に入っています。  父はこの同族企業を退職する時に、大株主である義...

  • 亡くなった父の会社を解散し、どう生活していくか路頭に迷ってます。

    先月父が他界しました。 父は会社を経営していましたが(父以外の従業員はパート3名)、 後継者もおらず、3月末で会社を終わらせる方向で動いています。 下記、現在の状況です。 ・実家には70歳過ぎの高齢母、未婚の姉(引きこもり、職なし)が居住 ・私は専業主婦 ・実家は持ち家、名義は父で、ネットで簡易査定をしたと...

  • 結婚という詐欺

    私は再婚し10年になります、結婚当初5年あまりは東京と大阪で別居生活、しかし私の勤め先が倒産、当時年齢の事もあり就職も難しく東京の夫が会社を共同で設立の為手伝いにくるよういわれ給料も前職同様30万円は保証する約束で東京にきましたが、社長はじめ役職の人間は全く売上をせず、私が資金調達をし売上もあげてきました。会社との...

  • 会社(自営業)で多額の借金が判明しました。父名義の土地(複数)の処分禁止について。

    父が代表の会社を息子と二人で経営しています。(息子は雇われ従業員)。 この度、会社名義での借金が数千万ある事が判明しました。 店や店舗が建っている土地は父名義から会社名義に変更して、根抵当券が4000万円と1000万円設定されていました。(現在借りているのは300万円と言っていたので、4000万円の根抵当権を抹消するよう言い...

  • 会社倒産について。会社が税金を払えない場合どうなるでしょうか?

    賃貸マンション1棟の建物名義は父にあり、賃貸マンションの土地は共有名義で叔母、叔父、父、母それぞれ1/4でした。 主人と二人で株式会社を設立し、株の割合は私10%、主人は90%、役員構成は父と私二人の代表で、主人と母は取締役です。1/2父母名義の賃貸マンション土地と父母が住んでいる自宅の土地(その土地名義は父です)を担...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。