1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 再編・倒産
  4. 組織再編・M&A
  5. 会社の合併に伴う諸契約の取り扱いについて

公開日:

会社の合併に伴う諸契約の取り扱いについて

2010年09月30日
取引先の会社が別の会社と合併し、新会社となりました。
(取引先の会社は登記上消滅会社となります)
以前に締結した契約の効力は、新会社に引き継がれ、改めて契約変更は行わないと書面での通知がありました。既存の契約の会社名を新会社名に読み替えし、従来どおり取り扱うとのことです。
この場合、再度新会社との契約は不要で、先ほどの書面に押印(基本取引契約と同様の会社判)があるものを先方よりもらえれば問題ないものなのでしょうか?
相談者(25333)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
旧と新の会社が同一であるということが確認できれば不要です。
挨拶状などをとっておいて、契約書と一緒に保存しておけばよいでしょう。

2010年09月30日 14時40分

松野 絵里子
松野 絵里子 弁護士
ありがとう
合併の場合、ふたつの会社がひとつになり、その会社が持っていた権利や負っていた義務が全体として新しい合併後の会社に引き継がれます。これを包括承継といいますが、この場合、個別の債務承継のための手続きは不要ですので、新たな契約書は不要です。あたかも単に会社名が変わったかのようなものです。

2010年09月30日 16時25分

相談者(25333)
ご回答ありがとうございました。
非常に助かりました。
また何かありましたら相談したいと思いますので
宜しくお願いいたします。

2010年09月30日 17時29分

この投稿は、2010年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 非上場株式の譲渡手続について

    未上場会社で株主2名(社長、社員)の会社のケースですが、社員の持ち株を社長が買い取ることになりました。本件譲渡手続に関してWEB上でいろいろ検索しましたが、当該手続を漏れなく掲載している媒体に出会えません。本件につき、ご教授頂けますと幸いです。 尚、本件の前提条件は以下の通りです。 ・当会社は取締役設置会社であ...

  • 基本取引契約書の契約先と支払い先が違う場合について

    会社対会社の基本取引契約書に関して問い合わせさせていただきます。 現在新規取引する会社があり契約書を取り交わす会社(Aとする)と注文書及び支払いをする会社(Bとする)とが違い、そのまま契約書を取り交わして良いものか戸惑っております。 B社は、A社の子会社で所在もA社と同様です。 契約書内には保証や債務の内容もあり、...

  • 覚書締結の可否について

    親会社(X)と取引先(A)で締結した基本契約書について、基本契約書には記載のない子会社(Y)と取引先(A)間で取引先(A)の親会社(X)への支払いを、子会社(Y)が立替える覚書の締結は可能でしょうか。

  • 子会社の会計帳簿及び議事録等の閲覧

    当社と完全子会社の代表取締役は同一人です。会社法によりますと、子会社の会計帳簿や株主総会議事録等を閲覧したい場合、親会社の社員は裁判所の許可を得れば閲覧可能となっております。裁判所の許可を得れば取締役会議事録や契約書等も閲覧可能でしょうか。子会社において会社法違反をしている事実をつかんでおり、それを確認すること...

  • 親会社同士の契約内容に子会社は縛られるか

    弊社は、日本国内の企業であるA社と取引基本契約書を締結しています。 この度、弊社の海外子会社とA社の海外子会社が 取引基本契約書を締結することになりました。 海外用の契約書は国内用のものとは内容を変えており、 A社子会社からは、一部条項について、 「親会社が日本で締結した内容と違うので、同じにしてほしい」との理...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

M&A・事業承継に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。