再)破産手続中の会社への労働債権(退職金未払い分)回収について

民事再生手続き中の会社が、裁判所より再生手続き廃止決定を受けました、この時点で労働債権(退職金未払い分)を回収する為には、私個人としてやらなければならない手続き等ありましたらお教え下さい。
監督委員他弁護士は、再生手続き中での私の債権額は把握しております。
又、私は民事再生法申請した日の9ヶ月前に退職しておりましたので未払い賃金立替払い制度の適用外なので他の方法はありませんでしょうか。
2010年03月05日 09時55分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
退職金債権は、民事再生法上は一般優先債権として扱われ、会社は随時弁済しなくてはならず、再生債権のようにカットの対象とはなりません。

したがって、会社が民事再生手続開始決定を受けたとしても、あなたは会社に退職金全額の支払を請求することができます。

しかし、民事再生を申し立てたばかりの会社は資金繰りが大変だと思われますので、支払時期の延期や分割による支払を依頼されるかもしれません。あとは会社との交渉次第でしょう。

ちなみに、監督委員というのは裁判所に代わり再生会社を監督するだけの立場ですから、退職金の支払については監督委員ではなく、申立代理人の弁護士か、会社の担当者と直接交渉しましょう。

2010年03月05日 18時12分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
再生手続「廃止」を「開始」と読み誤ってしまいました。大変失礼しました。

破産手続であれば、退職金債権のうち一定金額は財団債権として優先的に弁済されますが、全額の回収は難しいかも知れません。

なお、破産会社の労働者の未払給与や退職金に関して、労働者健康福祉機構の立替払制度に代わるような良い制度は他にありません。

まずは破産管財人(監督委員がそのまま破産管財人になると思われます)に連絡してみましょう。

2010年03月05日 18時18分

この投稿は、2010年03月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未払賃金立替制度l倒産した会社の未払い賃金を国が立て替える仕組みを解説

残業代を支払ってもらえないまま会社が倒産してしまったーー。そうしたとき、会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる「未払賃金立替払制度」を...

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

未払い養育費回収のため「強制執行」をする際のポイント

未払いの養育費を回収する方法として、強制執行によって養育費を支払う元配偶者の財産を差し押えるという方法があります。ここでは「[みんなの法律相談...

口座を差し押さえて養育費の未払いに対処する

養育費の支払いが滞っている場合、回収する方法として、相手の財産を差し押さえることが考えられます。ここでは、相手の銀行口座を差し押さえて養育費...

この相談に近い法律相談

  • 破産手続中の会社への労働債権(退職金未払い分)回収について

    民事再生手続き中の会社が、裁判所より再生手続き廃止決定を受けました、この時点で労働債権(退職金未払い分)を回収する為には、私個人として何をどのようにしたらいいのかお教え下さい。 3/2 質問番号6997で質問したばかりでしたが・・・・

  • 投資金、未払い給料の退職後の回収について

    会社員です。会社の事業拡大に必要な資金の一部を負担しました。その後、事業が軌道に乗らず給料未払いが続いている状態です。生活資金を借金して繋いで来ましたが限界です。今の会社を退職して、転職したいと思います。投資金と給料未払い分を退職後でも回収する為に、①まず退職しても回収できるか?、②退職後に回収する為に退職前にや...

  • 未払賃金、立替払制度について

    従業員9名の小さな会社です。 数か月分の未払賃金があり困っています。 先月、国税から事務所の捜索(財産なし)、口座を差し押さえられてしまい、事業活動の停止。従業員の解雇。事務所も賃貸なので近々退去するみたいです。社長は今のところ電話にもでますし、会う事もできます。立替払制度を受けたいのですが、いくつかお聞きしたい...

  • 労働者扱いで未払い回収できるのか?

    自分は個人事業主です。会社が民事再生法を申請しました。2ヶ月分の給料未払いを回収したいんですが。個人事業主だと回収は難しいみたいです。会社契約を見ると、作業時間、残業代、が明記してあります。これだと労働者扱いで賃金で回収出来るでしょか。お願い致します。

  • 退職金支払の拒否

    70歳で会社都合で零細企業を退職した者です。60歳で定年退職のつもりがその後も同じ条件で契約を継続したいと言われ、退職金についても当時中退共に積立していた金額を、会社で積立して退職時に支払うとの約束で契約をしました。口約束です。 いざ退職という時期になり、同時に会社が廃業することになり清算に入りました。退職日まで...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。