民事再生の債権届の書式、記載方法はありますか。詳細は必要ですか。

民事再生の裁判所への債権届の書式、記載書面、記載方法はどうした良いですか?

代理人より相手が民事再生を申立するとのことで債権届を提出しました。
後日、裁判所から開始決定の通知を受取ました。
当方は債権者として記載されていました。
開始決定の前日まで遅延損害金を追加できると聞いて債権届を提出しようと思います。
1.裁判所からの書面でないと駄目なのですか?
2.裁判所からの書面に合計金額(遅延損害金を含む)だけで良いのですか?
3.裁判所からの書面と代理人に提出した債権届を修正して(届出する遅延損害金を修正)内訳を添付しないと駄目なのですか?
相談者(609108)からの相談
2017年11月28日 22時46分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
弁護士が同意1
ありがとう
1.同封されている書式でなければならないというわけではなく,独自の書式でも差し支えありませんが,債権届出書に記載すべき事項は法律で決められています(民事再生法94条1項,民事再生規則31条)。

2.実務上,届出債権額に元金だけでなく利息・遅延損害金を含める場合は,その内訳(と対象期間)を記載すべきでしょう。
再生計画案では,再生手続開始決定日以後の利息と損害金が免除されることが多いため,届出額に利息と損害金を含む場合は,利息や損害金を計算・確認できるよう記載することになります。

3.一般の民事再生手続において債権届出を行わなかった場合,いわゆる自認債権として再生債権者表に記載されている場合などを除き,再生計画に基づく弁済を受けられません。一方,個人再生手続の場合は,債権者一覧表に記載されている債権者の債権については,債権届出をしなくても,同一覧表記載の債権額で届出をしたとみなされる規定があります(民事再生法225条)。
いずれの手続にせよ,債権者一覧表へ債権額とともに記載されている債権については,債権届出をしなくても再生計画案に基づく弁済を受けられることになると思いますが,一般民事再生の場合は債権届出を行っておくのが無難であると思います(個人再生の場合は債権届出書を敢えて提出しない債権者もいます)。

2017年11月29日 08時24分

相談者(609108)
ありがとうございます。
既に当方は代理人への債権届を提出して債権者として認められています。
その債権額のままであれば、その後は再生計画の書面が送付されると聞きました。
1.それであれば開始決定の前日まで遅延損害金のみを追加修正するのであれば
債権額の合計金額だけ(遅延損害金を含む)と遅延損害金だけの変更であることの
旨を記載するだけでは 駄目なのですか?
2.債権額を修正する場合は代理人に提出した債権届と同じように(申立代理人は
既に債権内容を確認しているのに)債権内容を記載した届出書(遅延損害金を修正)
をしないと駄目なのですか?

2017年11月29日 22時18分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
弁護士が同意1
ありがとう
(申立て前の段階で)申立代理人へ提出する債権調査票と(開始決定後に)裁判所へ提出する債権届出書は法的には別ですので,少なくとも,送付されてきた裁判所の用紙に記載されている債権額記載欄と同様の記載を行って提出すべきと思料します(裁判所から記載内容の訂正を求められる場合もあります)。

2017年11月29日 22時51分

相談者(609108)
代理人が債権者として届いてその債権額のままであれば、
その後は再生計画の書面が送付されるのに
債権額の一部修正(遅延損害金のみ)の場合は
裁判所へ提出する債権届出書は法的には別であれば
債権額が変更なくても届出する必要があるのではないですか?

2017年11月29日 23時02分

相談者(609108)
追伸、一般民事再生ではなく個人再生の場合です。

2017年11月29日 23時09分

この投稿は、2017年11月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 〇〇債権回収株式会社からの取下書について 簡易裁判所へ消滅時効主張済み

    支払督促状が○○○簡易裁判所からの郵送受け、先日、○○○簡易裁判所へ異議申立書(消滅時効援用)を提出しました。 昨日、○○○簡易裁判所から書類が郵送されて来ました。 ○○○簡易裁判所 御中                     取下書             原告  ○○債権回収株式会社             被告...

  • 裁判の印紙について

    裁判所に提出する書類で印紙が必要なものは以下以外にありますか? 1)訴状    訴訟物の価格による 2)訴訟費用額確定申立書 150円 よろしくお願いいたします

  • 判決の交付に関する書記官実務及び異議申し立て制度の不備

    書記官の判決送達 簡裁から、移送された事件  簡裁で、事務連絡が、持ち戻りになった履歴あり 地裁判決は、特別送達をせずに、いきなり、書留送付で、よいという条文は、どれですか。 年末に裁判所が、判決を(12/27判決言い渡し直後いきなり書留送付)書留送付し、年末年始実家に帰省中に、不在で、持ち戻り、判決確定して、500万...

  • 請求債権目録について

    支払い勝訴判決と裁判費用確定処分が出ました。 これから差し押さえしますが、 1 請求債権目録は 元金 損害金 執行費用 と記載例がありましたが、裁判費用はどこに記載すればよいですか? よろしくお願いします。

  • 借金の訴訟について教えて下さい

    借金の延滞で消費者金融から2月1日の日時で訴訟をおこされました。2月1日の1週間前に裁判所へ書類提出するようにとの指示でしたが、その書類も本人が裁判所へ持っていく必要ありますか?郵送又は代理で提出する事は可能でしょうか?そして弁護士さんに依頼しての任意整理等は裁判後にはもう出来なくなりますか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。