弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

個人再生の手続きが完了するまでにかかる時間が知りたいです

個人再生(民事再生)にあてはまる案件で、その手続きを弁護士さんに依頼した場合、スムーズにいった場合、期間的にはどのくらいの日数で手続きが完了しますか?

平均的な手続き完了となるまでの日数を知りたいです。宜しくお願いします。
b4_889fさん
2017年03月27日 15時26分

みんなの回答

畠山 晃
畠山 晃 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ご自身の地域の場合、モデルスケジュールが定められていますが、申立以降で、
申立日から再生計画の認可・不認可決定まで6ヶ月弱程度を見込んでいただければ良いかと思われます(最低弁済額の月々の積み立てもこれと同時期程度の期間となります)。
(詳細)
申立・再生委員選任
再生委員選任後面談など
再生委員意見書提出
開始(不開始)決定(ここまでが半月程度)
債権届け出・認否等
報告書提出
再生計画案提出期限(ここまでが4ヶ月弱)
再生委員意見書・書面決議
再生委員意見書
認可(不認可)決定(ここまでが6ヶ月弱)
同確定
確定後・計画弁済開始(開始決定から1ヶ月程度で確定したその確定日の属する日の次の月から)

2017年03月27日 16時10分

畠山 晃
畠山 晃 弁護士
ありがとう
ちなみに、先のご相談の中の記載を見た点に関連しコメントしますと、弁護士費用を除く予納金等の実費は、申立時予納金は小規模個人再生で申立手数料1万円、予納金(官報広告費1万1928円)、予納郵便切手1600円分、あと多少の封筒に貼る切手代程度。再生委員の報酬は計画弁済で開始決定後、積み立てた計画弁済額の練習分から清算されるので、別途準備する必要はありません。
受任から申立までは、資料が揃って書類が作成でき次第、という感覚となります。

2017年03月27日 16時22分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
◆ ご相談者のご質問が、弁護士が受任した後、個人再生の申立をするまでの間の標準的な期間のご質問だと思料致しました(私の解釈が誤っていたらお詫び致します。)ので、上記の点につき回答致します。
◆ 東京地裁を初め、全国的に多くの裁判所が、家計全体の状況表(家計簿のようなものとご理解下さい。)というものの2か月分の提出を要求しています。これが3か月分という裁判所もあるようですが、多くは2か月分です。よって、申立までには、最低限2か月以上はかかります。
◆ それと、貴殿ご自身にご用意していただく書類も結構あります。1年分あるいは2年分(裁判所によって異なります)の源泉徴収票や課税証明書、最近の給料明細書2か月分あるいは3か月分(裁判所によって異なります)の給与明細書等、簡単に用意できるもののほか、保険会社発行の解約返戻金額証明書、預貯金通帳の中で未記帳分合算部分がある場合の当該期間の入出金明細書、その他退職金見込額証明書等々を揃えていただく必要があり、この取得には、ある程度の時間を要するでしょう。
◆ また、裁判所に提出する報告書は、再生申立に至った事情を書く必要があり、そのためには貴殿に下書きをして貰いながら、弁護士が貴殿と打ち合わせて清書していくなどの作業も必要です。
◆ そして、債権者から弁護士宛になされる債権届け出書(債権調査票)も、債権者によっては、その提出までに3か月くらいかかるようなところもあります。この提出がないと、申立はできません。
◆ さらに、過払いが出るような事案ですと、過払金を回収してからの申立となるのが一般的ですので、かなりの期間を要することになります。
◆ 以上から、何か月が標準的かという明確な回答はできないのですが、過払いがなく、文書入手がスムースになされ、債権者からの債権届け出も1~2か月で揃うような案件であれば、弁護士費用をある程度支払っていただける(着手金の一部を弁護士が受領できる)のであれば、受任後4か月程度での申立が可能でしょう。
  過払いがあったり、文書入手が遅れたり、債権者からの届け出がなかなかなされないと、それだけ申立までは長引くのは致し方のないところです。

2017年03月27日 16時35分

山川 典孝
山川 典孝 弁護士
ありがとう
東京の場合、申立てから認可決定までおおむね半年です。受任から申立てまでは、資料の準備等にどれくらい時間がかかるかによって1,2月で済むことがあれば、それ以上かかることもあります。

2017年03月27日 18時05分

この投稿は、2017年03月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,760名の弁護士から、「倒産・事業再生に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

遺産相続の手続きを弁護士に依頼するメリットと費用の目安

遺産相続は、様々な事柄を調査し、相続人同士で話し合って決める必要があります。手続きに時間がかかったり、相続人同士で話合いがまとまらずにトラブ...

この相談に近い法律相談

  • 顧客への掛売りの集金

    顧客に掛売りで仕事をしています。 顧客の一件が掛売りの集金が出来ません。再三お願いはしていましたが、ある日突然自己破産の通知が弁護士から届きました。 そうなってしまった以上、手順を追って手続きを進めて行くしかないと待っていたのですが、数ヶ月経った、ある日また弁護士から通知が来て中には弁護士を解任されたとの知らせ...

  • 個人再生。やめておいた方がいいでしょうか?

    先日弁護士の先生に個人再生の手続きを依頼しましたが、ここ一年ほど使っていない銀行口座を解約したら問題ありますか?やめておいた方がいいでしょうか?

  • ちょっとカテゴリーから外れますが…

    私は生活保護を不正に受給していた友人にお金を貸しています。預金があることが発覚して口座を凍結させられたからお金がないとの事でした。 友人は5月2日に裁判所に凍結を解く手続きに行くと言っていたのですが、未だに連絡がありません。 そこでお聞きしたいのですが、口座凍結は手続きをしてから何日くらいで解けるものなのでしょ...

  • 破産手続きの流れについて

    弁護士に破産手続きを依頼をしました。 一ヶ月の間に口座変更をするよう連絡があって、全て手続き完了しました。 弁護士に依頼した場合、ほぼすべての作業を一任したと考え、指示があること以外は全てお任せでいいのでしょうか? この間に依頼主がしておいた方がいいことというのはありますか? 一応、各種引き落としの口座変更の...

  • 個人再生着手から1年以上放置された

    個人再生が認可されない場合は自動的に自己破産へとなります と 弁護士さんから説明されました 最初から私の収入や債務状況を説明した時に弁護士さんは自己破産をすすめるニュアンスの話をされましたが 私が個人再生をどーしてもお願いしたら 認可の可能性は五分五分だと言ってました で弁護士さんに私は聞きました 先生これまで...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。