民事再生法の利用に関して

民事再生法に関して伺いたいのですが

自己破産をした場合、家や資産を全て手放す結果になると思いますが

民事再生法を利用すれば家を手放さなくとも良いというような話を聞きました

負債が0になる訳ではないと思うのですが、民事再生法という物は利用した場合

どのような利点があるのでしょうか?

現在は事業で作った負債(廃業済み)が債権回収業者に移り
家のローンも残っている形です (土地が担保で抑えられています)

例えば、残りの負債が極端にですが、減額されるか返済額(現在は月2万)が減らせる事は可能でしょうか?

現在年金暮らしで2ヶ月で5万円程の支給の為、支払いは困難を極めています

自己破産と同じく、手続きの関係では弁護士さんにお願いしたほうが受理される可能性も上がるのでしょうか?
2016年08月12日 14時05分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
民事再生で家を手放さなくて良い場合というのは、いわゆる住宅ローン特別条項を使った時の場合で、住宅ローンを使っている自宅限定です(他にも色々と使用できる要件があります)。
民事再生を申し立てれば全体の債務額を通常減らすことが出来ますが(債務がそもそも少ない場合を除く)、申立ての手続きや住宅ローン特別条項を使用できる要件等が難しかったりするので、弁護士に依頼すべきです。

2016年08月12日 14時27分

この投稿は、2016年08月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「倒産・事業再生に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 代表者貸付と管財事件

    法人が破産管財事件中です。その法人の代表も管財事件中なのですが、20億債務がある中で 破産する代表者が貸し付けている金額が5億円あるとします。この様なケースの場合、実務上は 代表者貸付はどのように処理されるのでしょうか。一般破産債権に含めるものですか。

  • 自己破産時の自由財産現金99万以下について

    自己破産の申し立てを行い、管財人付きの事件となり面談を待つ状況になっております。 現在、手持ちの現金が91万円あるのですがこれは自由財産として保持可能になりますでしょうか? 基本的には毎月の給与から生活費を差し引いた残余分を現金にして保有していたものになります。 また、もし自由財産に認められないとなった場合、即...

  • 管財事件と少額管財事件。債務額でしょうか?

    管財事件と少額管財事件があると思いますが、管財人は何を基準にして、管財事件にするのか、また少額管財事件にするのか、決めるのでしょうか?債務額でしょうか?それとも債権者の数なのでしょうか?基本的には下記の場合はどちらになりますか? 1債務金額 五千万円 2債権者 五社 3会社資産現金 五百万円です。宜しくお願いします。

  • 法人の破産に伴う代表者破産

    法人にて約1億3千万の負債があります。金融機関からの借入が約1億 リース関係1千万 社会保険料1千万です。税理士からは金融機関分は保証協会での代理弁済をし、現状のお取引先の整理が終わり次第自己破産をするように言われてます。現在の取引先は新しく立ち上げる別法人での取引となります。(代表者は友人)負債は投資の失敗で...

  • 自己破産で処分した後の固定資産税の支払は、誰?

    平成25年2月に法人の廃業と自己破産をしました。自己破産をした理由が病気の為で、仕事ができずになりました。 自宅は、当時持家で、2月に自己破産して、3月の上旬に引っ越し、自宅を手放しました。 管財人がついており、すでに免責は降りており、自宅の売買等は、銀行や弁護士にお任せしており、 昨年の8月に新しい方が購入し...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。