倒産について教えてください

会社の倒産する際に弁護士相談するタイミングを教えてください。また、弁護士へ依頼すると、依頼者はどのようなことをしていかなければいけないのか、大まかで結構なので教えてもらえますでしょうか。
2019年08月08日 13時46分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ありがとう
> 会社の倒産する際に弁護士相談するタイミングを教えてください。

・・・できるだけ 早期に相談して準備を行っておくことが好ましいです。ただ 実際には不渡りが出た後など 緊急状況での相談もあり得ます。

また、弁護士へ依頼すると、依頼者はどのようなことをしていかなければいけないのか、大まかで結構なので教えてもらえますでしょうか。
・・・手続きに必要な 決算書・帳簿・伝票などの資料の確保 経理担当者・税理士などの協力 社員や取引先に倒産情報が漏れないような情報管理 申し立てに必要な費用の確保 などでしょう。
それらを踏まえ いつどのような手続きを進めるのが効果的か 弁護士のアドバイスをうけすり合わせを行います。 

2019年08月08日 14時06分

青山 知史
青山 知史 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
一般論にはなりますが、倒産を進めるにあたっては、資産状況等を説明できる資料等を準備しつつ、裁判所に納める一定の予納金も準備する必要があります。

倒産をご検討される状況下ですと、支払いができず、または、今後の支払いが困難になってきている状況下かと思われますが、こうした中で、特段の手立てを取らず、漫然と支払いを遅らせていると、債権者から訴訟や差押え等がなされてしまい、結果として、予納金等の準備も困難になってしまう恐れが考えられます。

また、こうした資産不足の状態になると、労働者からも未払賃金等の各種の請求がなされたり、労基署等の立ち入りも生じてくるようになり、結果として、倒産にあたって必要となる資産状況の調査や準備も困難になることが考えられます。

そのため、倒産に関してご相談をされるタイミングについては、差押えや訴訟提起等で身動きが取れなくなってしまうよりも前の段階の方が望ましいと言えます。
早い段階でご相談いただければ、上述の各種の準備も進めやすく、また、会社の状況次第では、再生等をはじめ、破産以外の解決策が検討できる場合もあります。
また、早い段階で弁護士が介入をしていれば、債権者や労働者との対応等も任せることができ、結果として大きな混乱を避けられる場合もあります。

なお、ご依頼者様にご対応いただくこととしては、一般的には、債権者や資産の状況の整理や資料の収集等をしていただくことが考えられます。また、込み入った状態にある場合には、弁護士において現状を把握するためにも、弁護士との間で相談や協議を定期的におこなっていく必要も出てくるかと思慮いたします。

2019年08月08日 14時16分

野条 健人
野条 健人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府8 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
大変お困りだと思います。既に先生方もお答えさせているので簡単にお話いたします。
1 弁護士に相談するタイミング
  早ければ早いに越したことはありません。計画的にどのタイミングで通知を出すか、弁護士費用や予納金(裁判所に出す)費用をどうするのかを考えられます。後手後手に回るのが経験上一番しんどいと思われます。
2 一度ご相談されてお話を聞かれるのが良いと思います。

2019年08月08日 14時23分

この投稿は、2019年08月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「倒産・事業再生に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未払賃金立替制度l倒産した会社の未払い賃金を国が立て替える仕組みを解説

残業代を支払ってもらえないまま会社が倒産してしまったーー。そうしたとき、会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる「未払賃金立替払制度」を...

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

弁護士に依頼する適切なタイミング

離婚調停や離婚訴訟にあたって弁護士に依頼する場合、どのタイミングで依頼することが適切なのでしょうか。すでに調停が始まった後からでも依頼できる...

【弁護士費用】不当解雇で弁護士に相談・依頼する場合の費用相場

「不当解雇を争いたいけど、弁護士に頼むと費用が高いのでは……」ーー。解決への一歩を踏み出す前に、そんな不安を抱えていませんか。たしかに弁護士費...

別居する際に子どもをどちらが連れていくか

別居する際、子どもをどちらが連れて行くのかという点について、夫婦の間でどのように決めればよいのでしょうか。別居した後で、取決めに反して配偶者...

この相談に近い法律相談

  • 仕入れ先の破産による買掛金の支払いについて。

    先日、仕入れ先が破産し、管財人から買掛残を支払うよう書類が届きました。 その仕入れ先の定番だった商品が当社には多数あります。 当然 定番商品を追加補充する約束でその仕入れ先とは長年(20年くらい)取引してきました。 *長い取引なので売買契約書などはありません。 当社としては、追加補充ができないとなるとサイズや色...

  • 税務調査について。1 法人を倒産?

    お世話になります。 4期目となる小さな会社(代表が私 役員に妻)を経営しております。 昨年11月に突然自宅に税務署が来て税務調査が始まりました。 登記は東京、自宅は福岡となっております。 税理士もわざわざ福岡まで行くのは非常に珍しいと驚いておりました。 私も初めての経験で最初は何が起こっているのか解らずその場は...

  • 国税を滞納し会社を倒産した場合の代表者責任

    どうか教えて下さい。 よろしくお願い致します。 株式会社の代表取締役の責任についてです。 会社の消費税と源泉所得税を滞納してます。金額は総額で約4千万円です。 15年前から経営が苦しく消費税と従業員の源泉所得税を払えなくなってしまいました。税務署から管轄がかわったようで国税局に相談にいきました。国税の担当の方と...

  • 不本意な始末書による損害賠償請求

    私はアルバイトとして半年間、営業の仕事をやっておりました。 二ヶ月ほど前に私へ顧客からクレームが入り、2人の顧客との取引が停止されてしまいました。そして小さい会社でしたので、資金繰りがうまくいかなくなり倒産してしまいました。(元々倒産寸前で、私が原因で倒産というより、私が最後の引き金を引いた形になります。 ...

  • 代表取締役死亡後、後継者のいない株式会社。リース契約が数件あり、会社を閉じるには?

    代表取締役死亡後、後継者のいない株式会社。リース契約あり、会社を閉じるには? 代表取締役が亡くなりました。従業員は社長と私の2名です。 株主は社長(25%)と取締役(60%)1名、一般株主(15%) 私は取締役です。 15%の株主は社長死亡前に退職していて現在従業員ではありません。 社長と私の2人で実務をやっていました。 ...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。