弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

倒産後の会社の収入について

相談させてください。
<背景>
現在企業の代表をしております。
その会社では自分たちが作成した映像作品を客(法人)に貸し出し、その客が一般消費者にむけて
有料でその映像をネット配信をしており、弊社はその映像の使用料を得ています。

<質問>
1.万が一弊社が倒産等になった場合、客が引き続きその映像を営利目的で使用することは可能
なのでしょうか?
2.また、その場合の使用料はどうなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。
b4_5e98さん
2018年12月20日 17時11分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 会社が破産をしたら消滅するので、いずれは映像作品を貸し出すこと自体が出来なくなりますが(おそらく管財人が売却処分をすると思われます)、それまでは、借りている側が引き続き借りてくれるのであれば(契約当事者の一方が破産した場合は、契約を解除できるとしている契約が多いです)、客が引き続き使用することも可能です。
2 従前と同じく会社が受け取りますが管財人が債権者への分配(返済)に使います(会社には残りません)。

2018年12月20日 17時29分

b4_5e98 さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。

上記の場合(どちらかが破産するということを想定する場合)、契約書には
どのような文言を加えるべきなのでしょうか?

2018年12月20日 18時39分

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
どういうことに備えて文言を付け加えたいのでしょうか。

2018年12月20日 18時48分

この投稿は、2018年12月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,760名の弁護士から、「倒産・事業再生に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未払い賃金立替え払い制度とは? 制度が利用ができるケースと必要な手続き

残業代を払ってもらえないまま、会社が倒産してしまった…。そんな場合でもあきらめることはありません。会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる...

この相談に近い法律相談

  • 法人倒産後の消費税の支払について

    昨年、法人の倒産、自己破産とともに弁護士へ依頼をしました。管財人もついて全て精算をしました。 昨日、税務署より消費税の問い合わせ通知が届きました。 他で調べているんですが、本来管財人が処理するんでしょうか? 平成25年2月に解散をしました。消費税は、平成25年1月~平成25年2月までの期間が対象になります...

  • 法人会社の倒産・廃止について

    現在、運営していない法人会社があります。2012年の消費税80万と所得税・2012年から現在までの法人税・2013年概算の消費税40万が払えない状態なので終わらせる手続きをしたいのですが、どの方法が良いのか教えて頂きたいです。 1、まず、倒産と廃止、解散のそれぞれの違い(メリットやデメリットなどがあれば)を教えて頂きたいです...

  • 倒産したら?

    不景気のあおり受け倒産しそうです。税金の滞納 社会保険料の滞納などがあります。会社は法人登録ですこの場合の滞納金はどうなるのでしょうか?

  • 医療法人の倒産について

    主人がクリニックを開業していますが、廃業を検討しています。 倒産し破産となる場合、理事長件院長の主人は自己破産は免れないでしょうか。

  • 法人倒産手続きについて

    日本政策金融公庫から無担保無保証で法人名義で借入金があります。 NPO法人で介護事業を営んでいますが、人材不足で事業を廃止します。 資金も残っておらず倒産をしようと思っていますが、どの様な手続きになりますか? また、費用はどの位かかりますか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。