経営者が逮捕で会社が倒産

勤め先の経営者が逮捕されて一時的に? 資金が回らなくなり倒産したようです。
介護施設ですが、これからどうなるのでしょうか?
商売は成り立っていたようです。
まだ仕事は続けています。
tarouさん
2016年07月26日 16時49分

みんなの回答

林 高弘
林 高弘 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 群馬県2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
会社組織なのであれば、倒産するには、裁判所に破産の申立をする必要があります。会社代表者の意思だけで破産できるものではありません。書かれている内容からすると、まだ倒産はしていないと思います。

2016年07月26日 17時23分

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
法人組織である以上、経営者が逮捕されても別の代表者を選任して経営を続けることができます。

資金ひっ迫が一時的なものであれば経営は続けられるかもしれません。

ただ役員の犯罪が介護保険の事業者の欠格事由にあたると指定更新ができなくなり事業の存続ができなくなります。

2016年07月26日 18時48分

この投稿は、2016年07月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未払い賃金立替え払い制度とは? 制度が利用ができるケースと必要な手続き

残業代を払ってもらえないまま、会社が倒産してしまった…。そんな場合でもあきらめることはありません。会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる...

離婚調停中に配偶者が逮捕・勾留された…その後の手続きはどうなる?

離婚調停は、夫婦双方が裁判所に出向いて行います。では、離婚調停中に配偶者が逮捕・勾留されてしまった場合、離婚調停はその後どうなってしまうので...

この相談に近い法律相談

  • 不安です。私は業務妨害で逮捕されてしまうのでしょうか?

    私はこのサイトで同じような質問を5回ほどしてしまいました。 私は業務妨害で逮捕されてしまうのでしょうか?

  • 狩猟を行うに際しての法知識の整理

    野生のアナグマやノウサギを狩ろうと考えているものです。 質問です。 箱わな(檻)で捕獲した動物の占有権・所有権は、捕獲した時点で捕獲した人物(檻の所有者)が取得するのでしょうか? 取得するとなると、当該動物は愛護動物ということになってしまうと思うのですが、そのようなものを殺して食べるなりしても、法律上は問題ない...

  • 猫用の捕獲檻に関して

    猫を捕まえることを目的とした捕獲檻というものが市販されているようなのですが、これの利用は動物愛護法等には違反しないのでしょうか? そもそも捕獲後の猫をどのように扱う目的でつくられているのでしょう?

  • 取引先が逮捕、今後について

    先日取引先の会社社長と社員数名が逮捕されました。 私は自営をしています。自分で営業して得た仕事もありますが、ここ1年ほどはこの会社がメインの取引先になっており、他の仕事を取ってくると手が回らなくなるので、専属下請けのような形で仕事をしておりました。 会社と取引があったということで私も家宅捜索を受け、パソコンなど...

  • 野良猫の捕獲と法律について

    野良猫は狩猟鳥獣とは異なり、檻等での捕獲には許可等は必要ないのでしょうか? http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20140417-OYTNT50329.html

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。