法人倒産後の消費税の支払について

昨年、法人の倒産、自己破産とともに弁護士へ依頼をしました。管財人もついて全て精算をしました。

昨日、税務署より消費税の問い合わせ通知が届きました。

他で調べているんですが、本来管財人が処理するんでしょうか?

平成25年2月に解散をしました。消費税は、平成25年1月~平成25年2月までの期間が対象になります。また、すでに倒産しており、当時計算する資料そのものがもうございません。
すでに、免責がおりています。

週末で税務署が休みのため、気になりこちらで相談します。

(1)法人の消費税の支払は、どうなるのか?
(2)本来、管財事件の場合は、誰が処理するのか?
(3)払う必要があるのか?
hiropuさん
2014年05月25日 09時24分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
(1)法人の消費税の支払は、どうなるのか?

  管財事件が終了して会社が存在していませんから、支払い義務を負う者が存在しません。ですから、支払いの義務はありません。

(2)本来、管財事件の場合は、誰が処理するのか?

  破産手続進行中に消費税の届出があれば管財人が処理することになります。
  今回は届出がなかったのでしょう。

(3)払う必要があるのか?

  上記のとおりなので、支払い義務を負う者は存在しません。

2014年05月25日 09時27分

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
それはすべて管財人が処理することであるので、管財人に連絡してはいかがですか。支払うも何も、支払財源がありません。管財人は、その事実の通知だけで処理すると思います。

2014年05月25日 09時29分

この投稿は、2014年05月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

未払い賃金立替え払い制度とは? 制度が利用ができるケースと必要な手続き

残業代を払ってもらえないまま、会社が倒産してしまった…。そんな場合でもあきらめることはありません。会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる...

この相談に近い法律相談

  • 自己破産で処分した後の固定資産税の支払は、誰?

    平成25年2月に法人の廃業と自己破産をしました。自己破産をした理由が病気の為で、仕事ができずになりました。 自宅は、当時持家で、2月に自己破産して、3月の上旬に引っ越し、自宅を手放しました。 管財人がついており、すでに免責は降りており、自宅の売買等は、銀行や弁護士にお任せしており、 昨年の8月に新しい方が購入し...

  • 決算直後の倒産について

    法人の倒産です。 決算が4月でした。 毎年、5月中に帳簿をチェックし、6月に税理士さんに全部を渡して決算処理、 税金をいくら支払うか、全部やってもらっていました。 決算料は、毎月の顧問料とは別に、決算が終わったら20万払っていました。 5月の末か6月に倒産になる場合、決算はしないとならないのでしょうか? 税...

  • 財産分与について

    離婚時の財産分与に関する質問です。 ①次の場合、結婚前の保有財産はいくらになりますか。  ・結婚5年前に100万円を定額預金した  ・結婚5年後に満期をむかえ150万円の払い戻しを受けた ②退職年金は財産分与の対象となりますか。  財産分与の対象となる場合、どのようなケースかお願いします。  ・退職金の一部を...

  • 自己破産を申請する上で、無職の配偶者が金銭貸借の債権者である場合、同時廃止それとも少額管財の扱い?

     会社が¥9000万の債務を残して解散した結果、その会社の経営者であるA・Bとその親族であるはあるが会社の経営には携わっていないCの3名が連帯保証人となっていた為、連帯保証人として、Cは当然に債権者から支払いを求められていました。  結局はCは裁判を経て、連帯保証人として支払い命令を受けたことで、後日に債権者と...

  • 自己破産の際の税金等の滞納について

    借金があり自己破産を検討中です 財産は 現金資産40万円 保険解約金50万円があります 車は10年物で価値なし 市民県民税の滞納が約50万円 国民年金の滞納が36万円(後納制度含む) そこで質問なのですがこのままだと管財事件になるのでそれを回避するために「市民県民税と国民年金の滞納分を払うのは免責不許可事項にあたるのでし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

倒産・事業再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。