株式会社における倒産前の在庫品について

公開日: 相談日:2012年09月14日
  • 2弁護士
  • 2回答

回答宜しくお願いいたします。
現在、株式会社の取締役をしておりますが、会社が倒産しそうです。
その会社の在庫品を私が買い取りして別会社を設立して販売しても問題ないでしょうか?
また、現会社が倒産後、債権者がいる場合でも問題にならないでしょうか。
問題があるとすれば、どうすればよろしいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

139576さんの相談

回答タイムライン

  • 近藤 公人 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    財産隠しとして、訴えられるかも知れません。

    しかし、倒産前の在庫は、ほとんど商品価値はないと判断されます。もし、帳簿上の価格で、すなわち仕入れ価格とほぼ同じ価格であれば、債権者も、裁判所も、文句が出ないと思います。
    一番良いのは、販売価格ですが、それではあなたも利益がないでしょうから。

    破産になれば、弁護士がいると思いますので、その弁護士と相談して進めた方が良いと思います。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    まず,現会社の取締役である以上,競業又は利益相反取引の制限に注意が必要です(会社の機関構成によって必要な手続きは異なります。)。

    その上で,倒産しそうとのことですが,会社につき破産手続開始の申立てをされるご予定でしょうか。

    会社につき破産手続開始の申立てをされる場合,相当の対価で買い受けたのでなければ,破産管財人から否認権を行使され,その在庫品の返還を求められることがあります。
    また,相当の対価で買い受けていても,事情によっては,否認権を行使されることがあります。

    会社につき破産手続開始の申立てをされるのであれば,破産手続開始決定を受けた後,選任された破産管財人から買い受けられるのが無難かと思います(もっとも,買い受けた在庫品を売るとなると,古物商許可の要否にも注意が必要です。)。

この投稿は、2012年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから