4年間倒産手続きをせず放置となっております

公開日: 相談日:2021年02月26日
  • 4弁護士
  • 5回答

会社が事実上の倒産状態になり4年が経過しています。当時は全くお金が無く法律事務所に依頼しての倒産はできていません。

生活があるため個人で請負などの仕事をして暮らしており、別居している家族に仕送りをしている状態です。

ただ、まだ30代のためお金を作り次第再起をしようと考えています。

そこで質問があります。

1、私はこのように仕事をし、生きていくことは法的にダメなのでしょうか?

2、家族への仕送りは差し押さえされたりするのでしょうか?会社の税金、未払い、賠償などの観点から。

3、同様のことから、離婚はするべきでしょうか?家族に被害が及ぶのでしょうか?

4、お金が出来次第、いまからでも法律事務所に依頼して倒産処理をするべきなのでしょうか?


アドバイスをいただけると幸いです。

1002566さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    1 そんなことはありません。
    2 基本的にはないのですが、会社を長期間放置したことで損害が発生したと認められた場合、代表者?(取締役?)であるあなたの損害賠償責任が認められ、同責任に基づいてあなたの財産への強制執行が認められる可能性があります。
    3 家族は関係ありません。
    4 2の理由から早めに会社の破産申し立てをした方が良いと考えます。

  • 弁護士ランキング
    神奈川県9位

    高岡 輝征 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    破産制度は、経済的に再起更生を図るための制度です。
    相談者さんの場合、まさに経済的に再起更生を図るべき人物に該当します。
    仕送りなど大変な面もあるでしょうが、早めに弁護士に依頼して破産をすべきです。

  • 弁護士ランキング
    大阪府10位
    タッチして回答を見る

    > 1、私はこのように仕事をし、生きていくことは法的にダメなのでしょうか?
    ・・・まず自分の生活維持を第一に考えるのが良いです。
    >
    > 2、家族への仕送りは差し押さえされたりするのでしょうか?会社の税金、未払い、賠償などの観点から。
    ・・・法人の債権者からあなたの個人財産の差押えはあなたが保証人などになっていない限り心配いりません。
    >
    > 3、同様のことから、離婚はするべきでしょうか?家族に被害が及ぶのでしょうか?
    ・・・家族には法的責任はありませんので 被害は及びません。したがって 離婚する理由はありません。
    >
    > 4、お金が出来次第、いまからでも法律事務所に依頼して倒産処理をするべきなのでしょうか?
    ・・・無理をしないほうがよいです。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 1、私はこのように仕事をし、生きていくことは法的にダメなのでしょうか?
    >

    実際には、そういう事例はしばしばあります。
    会社の破産はそれなりに高額ですしね。
    割り切って、前に進まれるのがよいでしょう。

    > 2、家族への仕送りは差し押さえされたりするのでしょうか?会社の税金、未払い、賠償などの観点から。
    >
    いいえ。基本的にはありません。


    > 3、同様のことから、離婚はするべきでしょうか?家族に被害が及ぶのでしょうか?
    >
    いいえ。無関係です。


    > 4、お金が出来次第、いまからでも法律事務所に依頼して倒産処理をするべきなのでしょうか?

    そこまでされる方は限られるとは思います。
    しかし、されてもよいとは思います。

  • 相談者 1002566さん

    タッチして回答を見る

    ご多忙な中、ご返答頂きまして誠にありがとうございました。

    全てをあきらめるのでは無く、まだ社会の中でやり直せるのかと希望が持てました。

    ・このような場合、稼ぐ金額には制限などがあるのでしょうか。なんらかの許される上限のようなものはあるのでしょうか。(例えば生活保護や母子手当なども所得に制限があるように)

    ・法人設立はできないのでしょうが、個人事業をすることは問題ないのでしょうか。

    ・ゆくゆく会社倒産を行わないと、会社法?などにてらしあわせて、怠慢というように認定されたりなど、法的に刑事罰に処せられたりするのでしょうか。

    質問が多く申し訳ありません。何卒宜しくお願いいたします。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    特にはないかと思います。
    もっとも、新しく会社を興すのに融資を受けたりはしにくいかもしれませんね。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す