退職時の株の売却額面について

公開日: 相談日:2020年04月18日
  • 1弁護士
  • 1回答

この度会社を退職致しまして起業し独立しようと動いております。

前職(製造業)から同一業種を別な都道府県で展開予定です。
前職の株を45株(当時額面5万)を保有しておりましたが売却予定です。
景気の良い業種で売上も毎年良好でしたので決算報告に基づき現在の額面で株を売却交渉しておりますが中々決算報告を見せて頂けません
20人もいない小さい企業で社長にのらりくらりかわされているような気がしてます
起業準備の中で凄くストレスになっております

そこで先生方にご質問です
1 もし少ない金額で提示された場合はその差額分を弁護士を立てて回収できるのか

2 差額を回収できても弁護士費用で提示された額面よりも結局マイナスでしたみたいなオチがあるのか?

3 その際の手間等で慰謝料等は取れますか?

4 万が一株の売却が遅くなったまま新しい会社(同一業種)を筆頭株主で立ち上げた場合なにか不都合はありますでしょうか?

ご回答のほどよろしくお願いします

912649さんの相談

回答タイムライン

  • 波多野 進 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    株式の評価は簡単ではないと思うので、相手の資料や財産関係や業績などを交渉を通じて開示させて交渉などをすることになるように思います。小規模の会社の場合、関係のない第三者が株式を持っている状態は望ましくないので、最終的には交渉などでまとまる可能性は十分あると思います。弁護士費用についてはこれだけでは何とも言えないと思います。
    やりとりだけで慰謝料は難しいかもしれませんが、未払い残業代などがあればその請求をしたらいいと思いますしこれまでの在職中でハラスメントなどがあったのであればその請求も検討なさったらと思います。
    通常の労働者の場合原則として競業避止義務はないです。
    早めに弁護士に相談なさって効果的な対応を検討なさるのがいい思います。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「顧問弁護士」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから