顧問弁護士の選び方、費用。案件、対応により依頼弁護士を都度替えるべきか、常同じ弁護士と関わるべきか。

公開日: 相談日:2017年08月23日
  • 4弁護士
  • 6回答
ベストアンサー

事件では無いのですが、小さな個人会社でも顧問弁護士になってくれるのでしょうか? その会社の身の丈にあった良心的な弁護士さんも居ますか? やはり、最低限は幾らで、払えない会社は都度相談しなさい的な感じが多いでしょうか? 以前も、相談し担当して頂いたのですが殆どの調べ物や資料を揃える指示だけされて、自分で交渉したりと、弁護士さんは資料に目を通すだけでどこで登場してくれるのかな??と思っている間に解決してしまい、しかし成功報酬は幾らですと言われ弁護士さんのイメージが変わってしまった事もありました。弁護士さんの選び方や顧問弁護士さんのメリットや価格体系、海外とも仕事が多いので国際弁護士と弁護士の違いなど素人質問ですみませんがアドバイス頂けると幸いです。また、近所で探すほうが良いのか、遠方でも得意案件の弁護士さんを都度探して替えるほうが良いかなどもお願いします。

578865さんの相談

回答タイムライン

  • 伏見 宗弘 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    3
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    どのような会社、個人であっても、
    顧問弁護士として弁護士との間で契約を結ぶことは可能です。

    弁護士の選び方としては、個人会社の方であれば、
    何よりも、弁護士との間で個人的な信頼関係を構築できるかどうか、という所が重要だと思います。
    質問者様が人間的に信頼できて、困ったらすぐに動いてくれそうな弁護士を探す、ということになります。

    顧問弁護士の仕事としては、主に、
    1.従業員や会社がトラブルに巻き込まれた際、法律相談に乗る
    2.郵便文書や契約書の作成を行う
    3.就業規則等、社内コンプライアンスに関わる事項につき、随時アドバイスを行う
    4.経営拡大をする際など、会社に発生するリスクを説明する
    など、色々なものが考えられます。
    この辺りは契約内容によって変わると思います。

    メリットとしては、何よりも、
    会社の内部状況を良く分かっている弁護士を傍に置けるという点かと思います。
    顧問弁護士と緊密に関係を保っていれば、
    いざトラブル案件が発生した場合に、会社の経営関係など、
    会社の内部状況をよく理解した弁護士が対応にあたってくれます。
    結果、対応も早く、的確になることが多いです。

    国際弁護士という資格はありません。
    国際案件を多く扱っていたり、アメリカの州弁護士資格など、
    海外の弁護士資格を持っている方が、
    自分のアピールのために国際弁護士を名乗るケースが多いです。

    近所の弁護士に継続してサポートを依頼するか、
    案件ごとに変えるかについては、ご自身の判断によります。
    人間的な信頼を重視する方もいれば、
    案件単体での結果を重視される方もいます。
    質問者様の価値観によるところが大きいので、
    どういった点を重視して弁護士を選びたいか、良く考えられるのが良いと思います。

  • 清水 卓 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    >事件では無いのですが、小さな個人会社でも顧問弁護士になってくれるのでしょうか? その会社の身の丈にあった良心的な弁護士さんも居ますか?

    → 会社形態ではない個人事業主や中小企業でも顧問契約を利用されている会社はたくさんあると思います。大切なのは,ご指摘のとおり,「その会社の身の丈にあった」顧問契約を締結することではないかと思います。定型的な顧問契約をしている弁護士もいるのかもしれませんが,いくつかの顧問契約プランを用意していたり,オーダーメイドの顧問契約をしている弁護士もいると思います。いくつかの法律事務所に顧問契約の見積りを出してもらう等して,顧問を依頼する弁護士をお決めになられてはいかがでしょうか。

    >やはり、最低限は幾らで、払えない会社は都度相談しなさい的な感じが多いでしょうか?
    → まず,顧問料について,貴社が支払える限度で顧問契約を締結できる弁護士をお選びになるのがよいように思います。一律定額の顧問料という弁護士もいるのかもしれませんが,顧問料につき柔軟に対応してくれる弁護士はいると思います。

    >顧問弁護士さんのメリットや価格体系
    → 顧問弁護士のメリットは,いつでも気兼ねなく相談ができ,何か問題が起きたときに迅速に相談でき,対応が受けられる点にあるように思います。また,ご依頼になる弁護士によるのかもしれませんが,顧問契約をしておくことで,訴訟対応等の費用の割引が受けられることもあるかと思います。

    >海外とも仕事が多いので国際弁護士と弁護士の違い,近所で探すほうが良いのか、遠方でも得意案件の弁護士さんを都度探して替えるほうが良いか
    → 顧問契約を締結するのであれば,相談のし易さは重要なポイントになるように思います。また,相談内容・相談頻度などもどの弁護士に依頼するのかを判断されるポイントになるでしょう。一概に言えないところかと思うので,顧問契約の締結を考えている旨の相談をいくつかの法律事務所としてみて,貴社の業務内容や想定される質問内容等も説明し,どのような法的サポートを受けられるのか等をよく話し合ってみるのがよいと思います。

    私見ですが,弁護士としても,よりよい法的サービスを提供するためには,相手企業のことをよく知る必要があると思います。顧問契約で大切なのは,弁護士と企業との相互理解・協力体制だと思いますので。

  • 相談者 578865さん

    タッチして回答を見る

    国際弁護士と言うのは無いのですね。驚きました。 海外の案件を解決した経験がある弁護士さんが国際と書いているのですね。 弁護士さん歴の長い浅いの経験値は有るとは思いますが、基本どの弁護士さんも親密に真剣になってくださる方に思える人に会えれば、得意不得意無く平均的な業務はしてくれるものでしょうか。であれば、近所が希望ではあります。案件によって、病院の様にぐるぐる回されるのは嫌なので。 都度探すのも、その間にトラブルが泥沼化することもあるので、ミクロな会社でも見合った金額で顧問になって頂ける方も居るのかなと思いまして。

  • 小沢 一仁 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 基本どの弁護士さんも親密に真剣になってくださる方に思える人に会えれば、得意不得意無く平均的な業務はしてくれるものでしょうか。

    分野によると思います。得手不得手をその時々の勉強で乗り切ることができればよいでしょうが、専門的過ぎて、にわか知識で対応すると弁護過誤を起こしかねないような事案については平均的な業務をすることも難しいと思います。そのようなことをしっかりと説明してくれるか否か(身の丈に合わない事件ははっきり断る)も弁護士の誠意のひとつだと思いますので、そういう観点からも検討してみてはいかがかと思います。

  • 伏見 宗弘 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    弁護士も人間です。
    そのため、どういう仕事をするか、できるか、というのは、
    全くもって人によるとしか言いようがありません。

    ただ、どの世界でも同じように、意欲のある方であればあるほど、
    良い仕事をしてくれる場合が多いようには思います。

    なお、一点注意すべき点がございます。
    例えば債権回収の交渉や訴訟など、
    「相談」の枠を超えて「事件」になってしまう場合には、
    別立てで依頼が必要となるケースが殆どです。
    この場合には、別途着手金と成功報酬を支払う必要があります。
    (顧問ということでディスカウントして貰えると思いますが)

    顧問料に関しては、相談すれば、柔軟に対応してくれることが多いです。
    まずは近所なり知り合いなりで、いくつかの弁護士をお探しになると良いと思います。

  • 清水 卓 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 基本どの弁護士さんも親密に真剣になってくださる方に思える人に会えれば、得意不得意無く平均的な業務はしてくれるものでしょうか。

    ①取扱経験のある案件,②取扱経験はないが知識・知見はある案件,③取扱経験も知識・知見もない案件があるかと思いますが,③のような案件でも調べることなどで対応できる場合があります。全く経験も知識もなく,取り扱うことが難しいような案件であれば,経験のある同じ事務所の他の弁護士の協力を得る等の対応をする方法もあるかと思います。

    貴社の方で想定される相談事項(例えば,契約書作成,債権回収など)やこれまでに問題となった案件があるようであれば,顧問契約を締結する前に,想定される相談事項や過去に問題になった案件に対応が可能か,依頼予定の弁護士に確認されてみるとよいと思います。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 事件では無いのですが、小さな個人会社でも顧問弁護士になってくれるのでしょうか?

    大丈夫です。

    その会社の身の丈にあった良心的な弁護士さんも居ますか?

    どんな会社でも全力を尽くすと思います。

    やはり、最低限は幾らで、払えない会社は都度、相談しなさい的な感じが多いでしょうか?

    そうでしょうね。ただ、事務所次第ですので、そこは当たってみることでしょう。

    以前も、相談し担当して頂いたのですが殆どの調べ物や資料を揃える指示だけされて、自分で交渉したりと、弁護士さんは資料に目を通すだけでどこで登場してくれるのかな??と思っている間に解決してしまい、しかし成功報酬は幾らですと言われ弁護士さんのイメージが変わってしまった事もありました。

    そのあたりも顧問としてどういうスタンスを取る事務所を選ぶかの一つの要素として、検討されてよいと思います。

この投稿は、2017年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから