歯科医師会とその顧問弁護士が結託して…

ある歯科医院に対する苦情相談をB歯科医師会にしました。その時は、相談した委員が「そこ苦情が何件も寄せられてる。まだそこ潰れてなかったの」とまで言ってました。
その後、歯科医院に内容証明を送りました。向こうからはA法律事務所が代理となると連絡がきました。
ところが、次回、歯科医師会に相談した時には、苦情は貴方のを含めて二件しかない、と言われました。歯科医師会の苦情データが消されたようです。
不審に思い調べるとA 法律事務所はB歯科医師会の顧問弁護士で、その歯科医師はA 法律事務所に依頼してました。
内容証明に苦情が何件も寄せられていることを書いたため、歯科医師と歯科医師会と顧問弁護士が結託して、苦情データを消したようです。
歯科医師会は「歯科医師が個人的に頼んだなら、可哀想だけど、なんともしてあげられない」ととぼけてました。
医療資料の引き渡しも本人が要求しているに、相手方弁護士がへ理屈をつけて渡しません。歯科医師会に言っても弁護士をつけてと言うばかりです。
その法律事務所は医療ADRの医療側のメンバーになってます。私もようやく弁護士に依頼しました。
裁判をするのは、大変なので、医療ADR に仲裁を依頼しようと考えてましたが、相手方の弁護士が歯科医師会の顧問と医療ADR のメンバーを兼ねていると、仲裁を依頼しても、期待は持てません。

弁護士の方は、こういった場合、戦略的にどうされますか?
相手方弁護士の、やり方が余りに変ですので、医療側にとって、最もダメージが大きな名前が出る裁判をしたいです。

他に合法的に相手方歯科医院に一番ダメージを与える方法はありますか?
私としましては、きちんと前払いしたお金を返金さえしていただければ良かったのですが…

2012年09月11日 22時58分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
裁判をして相手に損害賠償が認められるかは、証拠次第です。
証拠が揃えられなければ、結局は認められないことになります。

まずは医療ADRを利用して、話し合いから始めた方が良いと思います。

相手の弁護士がADRのメンバーだったとしても、交渉に影響を与える可能性は相当低いので、心配する必要はないと考えます。

2012年09月12日 07時45分

相談者
早速にお返事ありがとうございました。
相手方法律事務所と傘下の法律事務所の弁護士が何人もADR のメンバーに入っています。それでも心配無いのでしょうか?
立証については地道に弁護士さんと積み重ねていく予定です。

2012年09月12日 10時51分

この投稿は、2012年09月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 看護師と歯科

    法律上、歯科衛生士は歯科医師の指示のもと、処置をしますが、看護師も歯科医師の指示があれば、衛生士と同じ歯科処置ができるのでしょうか?歯科について看護師は衛生士より詳しくないと思うのですが…

  • 医療について困っています

    医療機関で「カルテを改竄してある(写真を抜いてある)」「カルテは渡さない」「カルテを渡さないから絶対裁判にさせない」「転院してもまともな治療を受けられないように根回ししてある」「大学病院にも根回し済み」「医師会にも根回し済み」「精神病患者の治療について(私の)実名で論文発表してやったからお前は精神病者だ、他院で...

  • 歯科矯正トラブルを示談でなく裁判を起こしたほうがよいかどうか教えて下さい。

    某歯科医院で歯科矯正治療をしていましたが、噛み合わせがわるく、治療期間が5年にも及んでいます。 噛み合わせが悪く、食べ物を前歯や奥歯で噛みきることができません。 これ以上治療期間が伸びるのも辛く、主治医に治療計画書を交付するように言ったら、全額返金する旨を言ってきました。 主治医側は弁護士に相談したらしく、歯科...

  • 医師法における、看護士の医師の監督下における医療レーザー施術について

    医師法における、「医師の監督下において」について質問させてください。 医師法において、医師の監督下において看護士による医療レーザーの施術が認められています。 この「監督下」の解釈についてですが、厚生労働省の担当者いわく、看護士が施術をする場に医師が立ち会う必要は必ずしも無く、指示さえあれば施術可能。ということな...

  • 弁護士照会に回答したがその結果に関する報告が欲しいとき

    私は歯科医院を開業しています。ある日弁護士照会が県弁護士会から届きました。1年以上も前に通院していた患者の治療内容に関するものでした。その患者が言うには「抜歯に同意した歯の隣の歯も抜かれた。隣の歯の抜歯は不同意である。」という内容でした。私は県歯科医師会顧問弁護士に相談の上カルテとレントゲンのコピーを約1週間後に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。