相続人に対する株式の売り渡し請求 債務超過の会社から 相続人です

公開日: 相談日:2020年10月21日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

父が亡くなり父が創設した会社の3/4の株(60株のうち45株)を相続しました。

現在は15株所有している兄が代表取締役です。

株主総会において私が所有する45株につき売り渡し請求することを可決しました。と通知書が届きました。
この会社は5年前まで私が代表取締役をしておりましたが、父が兄にも会社を一つ持たせたい。とのことで、
私が取締役を退きました。(別の会社の代表取締役も私はしております)
しかし、株主総会も開かず、役員報酬も兄一人だけ受取り、金額も勝手に決め、現在は債務超過状態です。

父は亡くなる前に、兄に会社を任せたことを後悔し、私に会社を任せたい。と遺言書を残し45株も相続した次第です。

今回、定款変更もされていますが、父は株主総会を開いてくれない。と愚痴をこぼしていたので勝手に定款変更した可能性もあります。
変更したのは株式の譲渡制限と相続人に対する株式の売り渡し請求の追加です。
3月決算の会社ですが、今年の3月の決算書は債務超過です。

〇 このような財源規制を満たさない状態でも売り渡さなければならないのでしょうか?

父の遺言通り、私が代表取締役に就任し、こと会社を再建することはできないのでしょうか

965863さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    そもそも株主総会が開かれていないのに、売渡請求を株主総会で可決した、ということはいえないでしょう。

    ほかの定款変更などについても、手続きの瑕疵を指摘して、無効を主張できる可能性が高いと考えられます。

    会社が再建できるかは個別の問題ですから分かりませんが、株式の4分の3を抑えているなら、会社経営に参加することは何ら問題なくできると考えられます。

    今後の対応を検討するためにも、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

  • 相談者 965863さん

    タッチして回答を見る

    弁護士に相談した際、この件の場合、売り渡し請求の特別総会は私の議決権は無い。と言われました。
    また相続人に対する売り渡し請求ができる要件が3つあり、財源規制が満たさない部分で勝てるかどうか??と言われました。
    勝てますよ!という先生がいらっしゃいましたら相談をお願いしたいと思っています。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから