1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 実際に犯罪被害にあっていなくても仮名は使えますか?

公開日:

実際に犯罪被害にあっていなくても仮名は使えますか?

2020年07月29日
自分の個人情報の入ったフラッシュメモリをなくしてしまいました。

・名前
・住所
・実家の住所
・仕事の内容
・確定申告の資料
・ネット銀行の取引の画面(スクショ)
・顔写真
・裸の写真(顔も写っています)

把握していないだけで他にも入っているフラッシュメモリです。
自分の管理の甘さに後悔しかありませんが、事業をしていて名前や住所を公開しなければいけない立場のため大変困っています。
拾った人が中を見て調べればすぐに私がわかる状態です。

1、このような実際には被害がない現状でも仮名を使用することはできますか?

2、このような状態の場合どこまで仮名の使用が可能ですか?
(例えば自社サイトで公開している名前を仮名にすることが許される場合、使用する銀行口座の名前と相違してしまうことや、相違した場合の信用問題等が不安です。)

よろしくお願いいたします。
相談者(943114)の相談

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
どこでいかなる利用と言う意味でしょうか。
また、仮名というのはカタカナのことですか、偽名を名乗るというような意味でしょうか。

基本的には、その利用先の法規制次第ですので、その内容に応じて変動するかと思います。

2020年07月30日 08時39分

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「起業のリスク把握して」弁護士がスタートアップに無料相談 東京三弁護士会

都内で起業を目指す人や、創業したてのスタートアップなどを対象に、弁護士が法律相談などの支援する新たな仕組みが8月5日から始まる。実施するのは東...

第三者委員会の原型のメンバーを体験し、弁護士の職務領域を拡大してきた半生 國廣正弁護士ロングインタビュー

國廣正氏は、町弁としてキャリアのスタートをきったが、ちょっとした縁で第三者委員会の原型となる山一証券の調査委員会のメンバーを務めた。以後 「依...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

この相談に近い法律相談

  • 他社の企業法務を株式会社が受託するのは違法?

    自社の企業法務をアウトソーシングしたい株式会社Aがあったとき、その依頼を受ける弁護士法人事務所であれば、そのサイトをインターネット上でいくつも見つけることができたのですが、このような内容の委託を、弁護士法人ではなく、株式会社Bが受けることはできないのでしょうか。 企業法務のアウトソーシング受託をしている会社を見...

  • 非公開会社の株式譲渡による登記手続きの要否について

    非公開会社の株をX社からY社へ譲渡する場合、登記手続きは必要でしょうか? 公開会社の場合は不要と理解していますが、非公開or公開会社で相違点がありましたらご教示頂けますと幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 保有株式数が自身の把握と会社公表と違いがあります。

    自身が把握している株式数と、情報会社が発刊した企業情報を集約した本に掲載されている株式数に大きな差があります。 約8倍も多く掲載されており、2%のはずか15%以上になります。 株式分割も、株式割増譲渡も受けておりません。 これはどちらの持ち株比率が正当とされるのですか? また、このような事が許されるのでしょうか?

  • NPOではない法人(←株式会社の自社)への物品寄付について

    自分は零細の製造業企業です。特に取引先等ではない関係の、中小の製造業企業からご厚意で物品寄付をいただけるお話があり、自分の理解に間違いがないかご相談したく投稿しました。 先方(←複数社)の寄付の背景は以下3点です。 ①寄付の物品は、型落ちや修理が必要なため、遊休資産化してる。 ②償却費用を考えると、寄付の形で固...

  • 非公開会社の株式買取りについて

    ある非公開会社の株式を持っておりますが、それをある人に譲渡したいと思ってます。それを会社に示したところ、承認されませんでした。 その場合、会社が買い取ることになるのでしょうか?その場合の価格については、その時点の時価になりますでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。