認知症の母の株主の権利

度々の相談ですが、よろしくお願いします。

父がH28.1月に倒れ、意識不明のままです。同族会社を経営しておりました。株を62.5%保有してます。兄、母、私が12.5%保有してましたが、私はH30.8月に兄へ譲渡してます。兄はH30.8月に代表取締役になっております。義姉がH29.8月に取締役に就任してますが、私と母に報告はありませんでした。その月から義姉の給料が5万ほど上がっています。
父個人の通帳、印鑑は認知症の母が管理してましたが、義姉が会社の資金が不足と言えば、母が父の通帳を渡して借入金として会社の資金にしておりました。

H29.7月に父の預金から500万、11月に母の預金から500万、会社に借入れてますが、単純に資金がなくて借入れてるのに義姉の給料だけを上げていることに疑問です。

会社の現状が、従業員が義姉に給料の話をしても聞き入れない、従業員の給料がいつのまにか下がっている(母が決定したことにされてます)、義姉が従業員の前で兄(社長)を叱責する、などで兄に社長としての威厳もないようです。従業員は私に愚痴を言ってきますが、どうすることもできません。母も従業員の話をすると会社としておかしいと言いますが、次の日には忘れているような状態です。

そこで、質問ですが、
①認知症の母、意識不明の父の代理として帳簿閲覧権を行使するようなことはできないのでしょうか?
代理は私じゃなくてもかまいません。

②認知症の母から株の生前贈与は可能でしょうか?
可能な場合、相続時精算課税は適用できるのでしょうか?

③株の生前贈与を受けた後に、後見制度により母に保佐人、補助人がついた場合、株の生前贈与は無効になりますか?

④父に後見人がついた場合、会社の長期借入金の連帯保証人であろう父の債務は父のままで残るのでしょうか?会社を継承した兄へ引き継ぐなどの手続きがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

2018年11月08日 23時35分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> ①認知症の母、意識不明の父の代理として帳簿閲覧権を行使するようなことはできないのでしょうか?
>
> 代理は私じゃなくてもかまいません。
>

成年後見人を選任して、当該後見人が代理行使することになります。

> ②認知症の母から株の生前贈与は可能でしょうか?
>

意思能力がない場合には生前贈与は無効となります。

2018年11月09日 09時39分

相談者
ありがとうございます。
後見人に代理権があることは理解いたしました。

被後見人の財産を会社に貸付しています(意識不明後)が、後見人は被後見人の生活を保護する、現在の財産の管理に重きを置くように聞いています。

だとすると、被後見人の意思なく会社に貸付けた財産が戻らなくても被後見人の生活の保護ができると判断されれば代理権の行使はしないのでしょうか?

よろしくお願いします。

2018年11月09日 12時02分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 被後見人の意思なく会社に貸付けた財産が戻らなくても被後見人の生活の保護ができると判断されれば代理権の行使はしないのでしょうか?

被後見人の利益に適合する限り、行使すると思います。

2018年11月09日 20時56分

相談者
ありがとうございます。
ずっと後見人を申し立てすることにためらっていましたが、申し立てをして公平な判断をしていただきたいと思いました。

ありがとうございます。

2018年11月09日 21時17分

この投稿は、2018年11月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

認知症の相続人がいる場合の相続手続きと後見人・保佐人・補助人の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)には相続人全員の参加が必要ですが、認知症などにより、自分の財産を管理するための判断能力が不十分な相...

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

この相談に近い法律相談

  • 免税事業者(個人事業主)の元請への消費税の請求について

    開業して数ヶ月の個人事業主(免税事業者)です。 発注者(大企業A社)→ 元請(株式会社B)→ 私 の形で仕事(データ作成)を請けています。 この仕事が初めての取引で、消費税についての知識がなかったので 「消費税の請求をどうしたらよいか」と仕事を開始する際にB社に相談したところ、 「あなたは免税事業者だから消費税は...

  • 請求書の請求金額を間違えてしまいました

    会社で売上の請求書を発行したのですが、数年にわたり、契約で合意した単価より少額で請求していたことがわかりました。 さかのぼって差額を得意先に請求することは可能なのでしょうか? また、請求できる年数(期限)はあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 郵便局に就職、自己破産経験あり保険募集人になれますか?

    14年前に、家族経営の会社の保証人になっていて倒産し、自己破産いたしました。 そのころ結婚もしていて、主人も知っています。 それからは、普通に働き、お金のトラブルもなく過ごしてきました。仕事もがんばってきました。 2.3年前から、クレジットカードも持っています。イオンカードなど、少額の買い物に利用しています。 もう...

  • 化粧品・サプリメント製品の転売について

    私の友人が化粧品・サプリメントのインターネットショップで製品を販売しているのですが、最近、自社の製品(未使用新古品)を転売されていることが発覚しました。 しかも、個人だけではなく、その会社の未使用新古品の買取業者(法人)までも出現するようになっています。 このような化粧品・サプリメントの個人ないし法人による...

  • 運転代行をしていますが…

    個人で運転代行を10名程度で経営してますが、営業先の大手レンタル会社より、各地に散らばったレンタル車の回収業務をお願いしたいと言われました。 (現在はバイトや土建会社や便利屋に依頼してるとの事) また他社の運転代行もやってるとの事ですが、運転代行の約款には陸送(お客様が乗車していない)は禁止になっています。 それでも...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。