同族会社の経理の横領について

主人は同族会社の代表取締役です。
主人の叔母が経理を担当しています。
主人の父は2年程前に退職金をもらい退職しています。
会社の株は主人の父と叔母が半分ずつ保有しており主人は株は持っていません。
主人は父親と叔母と仲が悪くなり、父親と叔母のやりたい放題の状況です。
主人が会社を回してる感じです。叔母と父親は全く働かずお金をもらってます。

今まで一度も決算書を見せてもらったこともなく、
叔母が主人の代表取締役の印鑑を持っており、叔母が勝手に印鑑を押している状況です。
会社名義の車のを勝手に購入して、主人には全く報告されていません。
主人が領収書を叔母に渡しても、領収書をつきかえしてきました。
会社の銀行の通帳なども叔母が全て管理しており、主人は見たことがありません。
主人は叔母の給料額も把握できてません。
父親も主人の味方ではありません。
叔母を経理の担当から外す事は可能ですか?
訴えることは可能ですか?
b4_e6feさん
2017年11月08日 23時07分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> 叔母を経理の担当から外す事は可能ですか?

可能でしょう。

> 訴えることは可能ですか?

証拠や事実関係次第です。横領の証拠を確保できれば可能です。

ただ、最終的には株主の判断で社長の解任もあり得ます。
おとう様が株主でしたら、そのリスクはありますので、注意しましょう。

2017年11月09日 08時28分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> 叔母を経理の担当から外す事は可能ですか?
  合理的理由があれば解雇もできると思います。

> 訴えることは可能ですか?
  損害賠償請求という意味か刑事告訴という意味かわかりませんが
  私的に使ったことが明らかであれば
  損害賠償請求ができ、
  横領で刑事告訴ができると思います。

 弁護士に面談で相談された方がよいと思います。
  

2017年11月10日 09時26分

この投稿は、2017年11月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,929名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 不動産の相続について

    長文になりますが、宜しくお願い致します。 私の父は以前、脱サラして株式会社を起業致しました。ですが、事業は一向に軌道に乗らず、多額の借金は減らないまま、今に至っています。 私と兄は、父の起業に併せて父の会社に入社していましたが、給料が貰えなくなり私は約3年半で退社し、その後、兄は半ばクーデターの様な手段で、会...

  • 本人の意向の無い未公開株の名義変更

    祖母の持ち株を勝手に名義変更されました。 叔父(代表取締役社長)、祖母(副社長)、私の父(専務)、叔父の嫁(常務)で経営をする会社(非上場)の祖母持ち分の自社株を祖母本人の意向無しに叔父と叔父の嫁、叔父の子供2人の名義に勝手に変更され祖母は「私は一銭も貰ってないの。」と嘆いています。そこで先生に4つ質問がありま...

  • 事業継承、株式相続について

    少々込み入ったお話ですがよろしくお願いします。  事業継承のための株式相続でもめた場合のよい解決方法が知りたいです。少々手荒な方法でもかまいません。以下が詳細です。  私の実家は株式会社を経営しております。祖父母の代に起業し、現在2代目として父が代表取締役社長、叔父が副社長、叔父の妻(父の姉)、そしてもう一人の...

  • 親族会社への役員貸付金について

    叔父が経営していた小さな会社を引き継いで社長をしています 叔父が会社に貸してる役員貸付金が消せずにのこっています叔父は死亡して叔母が貸付金の名義人になってます 返済しなくてもいいと言われますが 叔母も高齢で亡くなった場合その娘さんに名義が変わり 相続税だけが発生してしまいます会社経営負担になるため返済できません...

  • 譲渡契約の公正証書の有効性

    夫は代表取締役であり非上場株式会社の過半数の株を所有していました。 息子は学生で会社のことは何もわかりません。夫の兄が会社役員で実質的に経営を行っていました。 夫は必要な時はいつでも息子に事業継承できるように、と自社株の贈与契約を公正証書で約束していましたが息子への名義変更はまだ行っていませんでした。 夫が事故...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。