1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 業務停止中の弁護士事務所は、何ができ、何ができないのでしょう?

公開日:

業務停止中の弁護士事務所は、何ができ、何ができないのでしょう?

2017年10月12日
ベストアンサー
現在ニュースで報道されている事務所の依頼者です。
日弁連相談窓口は常に通話状態でつながらずこちらでご質問させて頂きました。

私の状況を説明いたします。
交通事故の損害賠償を今年4月から行い9/27に裁判にて和解で合意しました。(業務停止前に裁判は終了)
相手方保険会社からは10/27日までに私の契約した弁護士事務所に賠償金が支払われます。
その後、事務所での経費精算を振込まれた日から1週間ほどで行い、私に支払われる予定になっております。

①質問
業務停止中の事務所は経費精算を行い私に支払いを行う事はできるのでしょうか?
(できる、できないの可能性の話だけでも聞けると助かります)

②質問
事務所で行う経費精算後に私への支払期日は口頭説明で期日を約束した書類はありません。
「振込まれた日から1週間ほどでお支払を行う予定です」と言われています。

事務所の財政状況、諸事情で支払いを先送りにされる可能性はあるのでしょうか?
相談者(594075)の相談

みんなの回答

勝部 泰之
勝部 泰之 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> ①質問
> 業務停止中の事務所は経費精算を行い私に支払いを行う事はできるのでしょうか?
> (できる、できないの可能性の話だけでも聞けると助かります)

まず、業務停止中は法律事務所が賠償金の受領をすること自体ができません。
業務停止に伴い、委任契約は解除となるので、通常は法律事務所が引き継ぎを行います。
10/27に間に合う方法があるとすれば、着金口座をb4_7ee7さんに変更して賠償金を受け取り、経費精算は別途行う、という方法になるでしょう。普通に引き継ぎがされれば問題なく着金はできるはずですが、事務処理として間に合うかの問題はあります。

> ②質問
> 事務所で行う経費精算後に私への支払期日は口頭説明で期日を約束した書類はありません。
> 「振込まれた日から1週間ほどでお支払を行う予定です」と言われています。

この点は特に気にする必要はないでしょう。経費精算と預かり金の返金は速やかに行わなければそれだけで懲戒事由となりますし、そもそも今回のケースでは着金を先延ばしにするなどしない限り法律事務所が賠償金を受け取ることすらできないのですから。

> 事務所の財政状況、諸事情で支払いを先送りにされる可能性はあるのでしょうか?

このようなことがないように、速やかに引き継ぎをするのが通常です。

2017年10月12日 14時01分

相談者(594075)
>勝部泰之 先生
迅速で的確なご回答ありがとうございます。
非常に助かりました。

2017年10月12日 14時18分

勝部 泰之
勝部 泰之 弁護士
ありがとう
基本的に、業務停止の場合は法律事務所の側で引き継ぎを手配をするのが通常なので、連絡を待ってみてはいかがでしょうか。全く対応がない場合は委任契約解除通知を法律事務所に送り、損保会社と直接交渉を行うという方法もありますが、そこまでのケースは余りないと思います。

2017年10月12日 14時34分

相談者(594075)
>勝部泰之 先生
>基本的に、業務停止の場合は法律事務所の側で引き継ぎを手配をするのが通常なので、連絡を待ってみてはいかがでしょうか
承知しました。事務所側は電話応答が現状できない様子なため数日、事務所の連絡を待ってみようと思います。

2017年10月12日 14時44分

この投稿は、2017年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,205名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

感染症で昇給の見送りや賞与停止は可能かーー「Q&A 感染症リスクと企業労務対応」QA解説◆Vol.1

新型コロナウイルスの影響で、企業にとって感染症リスクが増加し、対応が急務となっている。2020年7月に刊行された、[弁護士法人淀屋橋・山上合同編著...

第三者委員会の原型のメンバーを体験し、弁護士の職務領域を拡大してきた半生 國廣正弁護士ロングインタビュー

國廣正氏は、町弁としてキャリアのスタートをきったが、ちょっとした縁で第三者委員会の原型となる山一証券の調査委員会のメンバーを務めた。以後 「依...

歴史に名を刻んだ国際派弁護士の見る「夢」 川村明弁護士ロングインタビュー

2010年、日本人としてはもちろん、東アジアから初めての国際法曹協会(IBA)会長が誕生した。就任したのはアンダーソン・毛利・友常法律事務所の川村明...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

この相談に近い法律相談

  • 裁判の和解成立後の流れについて(支払い期間について)ご質問です

    和解が9/22に成立致しました。 保険会社側の保険金振込期日は10/22で約束が取れました。 その後、保険金は弁護士事務所に振り込まれ、経費、報酬を引き今年中に私へ支払われる流れになると弁護士事務所から説明を受けました。 私としては弁護士事務所からの振込期日は曖昧で若干心配に思っています、、、 上記のスケジュール感...

  • 法律事務所業務停止任意整理

    法律事務所に9/5に任意整理の依頼をし、和解待ちの状態で今回の業務停止を知りました。 前金?のみ支払い今月末から支払い開始の予定でした。 書面は確認しましたが、今月末支払いはどうしたらいいのでしょうか? 振り込みしなかった場合に債権者から連絡などあるのでしょうか?

  • 任意整理中ですが、毎月の支払い期限の変更は出来ますか。

    現在、任意整理中で毎月15日までに担当弁護士の指定口座に振込をしています。 ただ、給料日が25日なので月末に支払い期限を変更して欲しいのですが可能なのでしょうか? そこの弁護士事務所は毎月20日が締めだとおっしゃってました。

  • 退職後の未払い残業代請求について

    昨年の夏に勤務時間が一日17時間ほどあり、精神的にも体力的にも限界を感じて退職しました。 その際に基本給以外の手当の支払いが一切なかったので、退職後に労基署に相談し、残業代を計算して書留で請求書を発送しました。 支払い期日になっても支払いが無かったので、再度労基に相談し、申請書の手続きを経て今現在監督官が間に入っ...

  • 依頼先法律事務所業務停止に伴う支払いについて

    業務停止になった法律事務所に不倫訴訟の依頼をし和解になり成功報酬を分割で支払っている最中でありますが、この度の業務停止に伴い委任契約を解除された旨の書類が届きました。この場合今後、残りの支払いは行う義務があるのでしょうか?また他の方の投稿を拝見させて頂く限りでは法律事務所の口座に入金できない旨ありますが、もし支...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。