代表取締役及びに取締役の解任

現在、会社を経営しております。二人代表取締役でスタートしたのですが、相方が2017年1月に代表取締役及びに取締役双方を辞任すると連絡してきました。ところが、今になっても辞任の書類は送られて来ず、ところが自分は株主だということで今回決算をしたら株主に対して開示すべきことは要求するなど非常に困っております。
2017年10月10日 13時25分

みんなの回答

上原 慧
上原 慧 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
解任・辞任が混在していますが、解任、辞任の区別は非常に重要です。
必要書類等も異なってきますので、その点を含めてお近くの弁護士に相談されるのがよろしいかと思います。

2017年10月10日 16時42分

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
ありがとう
取締役を辞任しても株主でしたら、株主としての権利は残ります。
相手の真意を知るために話し合いを持たれ、取締役を辞任して経営に関わらないのであれば、株式を買い取る交渉をしてみてはいかがでしょうか。

2017年10月10日 19時42分

この投稿は、2017年10月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,480名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

代表取締役や会長を解職・解任できるのか【弁護士Q&A】

社内でパワハラ行為などを繰り返す会長を辞めさせるにはどうすればよいのでしょうか。また、代表取締役を辞めさせることができるのは、どのようなケー...

【弁護士Q&A】株主総会を開催するときの注意点とは|役員同士が険悪なときに役員報酬を変えたいケースなどをもとに解説

「株主が二人だけ、持ち分は50:50」「役員同士が険悪だけど、役員報酬を変更したい」。こうした場合、株主総会をするうえでどのような点に注意すれば...

取締役の責任とその範囲とは【弁護士Q&A】

取締役が会社に損害を与えた場合、どのような責任を負うことになるのでしょうか。また、取締役としての地位にいても、実質的には何ら取締役としての権...

この相談に近い法律相談

  • 勝手な事業譲渡の撤回が可能でしょうか?

    現在の取締役構成は下記のとおりです。 ①代表取締役A(株主であり半数以上の株を所有) ②取締役B ③取締役C ④社外取締役D 代表取締役Aと社外取締役Dが結託し、会社の債権等の資産を社外取締役の所有する別の会社に譲渡してしまいました。 もちろん取締役Bと取締役Cはこのことを知らず、取締役も開いていません。議事録...

  • 会社清算 臨時取締役

    現在、代表取締役(40%出資)、A取締役(40%出資)、B取締役(出資0)、株主(元取締役10%出資) 資本関係は以上です、現在代表取締役の辞任の話があり、A取締役は代表になる気はないとの事で、代表取締役とA取締役との協議で会社を清算する方向で調整中ですが臨時取締役会を開催した場合B取締役が清算・解散には反対だと臨時...

  • 株主に取締役会招集権はあるのか?

    取締役3人の取締役設置会社の代表取締役をしています。私は、この会社の33%の株を保有する株主でもあります。取締役でない67%保有の大株主が、臨時取締役会を開くよう要求してきました。そもそも、この株主に招集権があるのでしょうか。断った場合、臨時株主総会を招集して、重要議決を行うことは可能なのでしょうか?

  • 非公開の取締役会設置会社について。「権利義務取締役の消滅順」と「代表権の所在」。

    当社は非公開の株式会社であり、取締役会設置会社/監査役設置会社です。 取締役の再任に関する株主総会を怠っていて、下記のような状態になっています。 *取締役の任期は、定款により「10年」。 *取締役の人数は、定款により「3人以上5人以下」。 2018年現在 A 取締役 2007年1月1日 重任 *任期切れ B 取締役 2007年1月1日 就任 ...

  • ご依頼事項:取締役の退任にて内容証明の送り方にについて

    現在、建築事務所の株式会社で取締役設置会社(3名)で取締役をやっております。 株式は三名ともに保有しております(私の持ち分は20%)。 私が会社の売上の80%を稼いでいる状態で皆、辞任について後ろ向きです。 ですが、社内の脱税などの不正経理など会社方針に賛同できず、辞任を行いたいと考えております。 代表取締役につ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。