1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 取締役・株主の会社同士の発注における利益相反取引について

公開日:

取締役・株主の会社同士の発注における利益相反取引について

2017年10月05日
ベストアンサー
利益相反取引についての質問です。

株式会社A社にて取締役を務めているXさんがいます。Xさんは株式会社B社の株を2%持っています。
なお、XさんはA社の株は保有していませんし、B社においては取締役ではないです。


このとき、XさんがA社からB社へ一般的なレベルの発注(広告運用など)をしたとき、法律的にNGとなることはあるのでしょうか?もしくは、取締役会の承認が必要などの条件が出てくるのでしょうか?


相見積もりなどをとって妥当な発注とすれば問題はないと思っているのですが、ご教示ください。
相談者(591901)の相談

みんなの回答

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
XさんがB社の代表または、取引を担当する取締役等でなく少数株主に過ぎない場合には、取締役会の承認を経なくて取引を行っても問題ありません。

2017年10月05日 15時43分

相談者(591901)
>池田様
ご回答ありがとうございます。

ちょっと法律からずれるかもしれないのですが、、、追加で質問があります。

A社が数年後の株式上場(IPO)を目指す場合、今回のA社⇔B社での取引が、IPOの妨げになる可能性はありますでしょうか?IPOを考える場合はNGでしょうか?

2017年10月05日 17時46分

池田 康太郎
池田 康太郎 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
今回の内容ですと問題ないです。

2017年10月05日 19時13分

この投稿は、2017年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

第三者委員会の原型のメンバーを体験し、弁護士の職務領域を拡大してきた半生 國廣正弁護士ロングインタビュー

國廣正氏は、町弁としてキャリアのスタートをきったが、ちょっとした縁で第三者委員会の原型となる山一証券の調査委員会のメンバーを務めた。以後 「依...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

歴史に名を刻んだ国際派弁護士の見る「夢」 川村明弁護士ロングインタビュー

2010年、日本人としてはもちろん、東アジアから初めての国際法曹協会(IBA)会長が誕生した。就任したのはアンダーソン・毛利・友常法律事務所の川村明...

この相談に近い法律相談

  • 取締役兼務と利益相反

    X社は、Y社とZ社が50%づつの出資して設立された会社です。 X社の取締役は4名で、代表取締役社長A氏・代表取締役副社長B氏・取締役C氏・取締役D氏の構成となります。 なお、A氏はY社の代表権と持たない取締役、B氏はZ社の代表権と持たない取締役、C氏はY社の代表取締役、D氏はZ社の代表取締役を兼務しています。 また、Y社にはC氏の...

  • 取引先に営業手数料を搾取されたのですが返金に応じてくれません。

    弊社がクライアント(A社)を獲得。定期的に発生する業務委託(web制作)案件。 制作を担当できる人員が弊社にいないため、知り合いのBさん(フリーランス)にお願いをし、 弊社はBさんからお仕事紹介手数料を請求し入金いただいていた。 このBさん自身は自分の知り合いのCさんを使ってweb制作を行いクライアントに納品。 ただ、Bさ...

  • 業務委託について

    A社は取引先B社から新たな事の依頼を受けた。A社はその業務をC(個人事業主)に委託し、CはB社にてその業務を行うこととなった。AとCは契約を取り交わした。内容は業務内容・報酬・支払い期日と方法・契約期間・再契約の有無など。 業務が始まって数ヵ月後からCからA社へ報酬を引き上げるよう、再三の要求が始まった。A社は「業務が始...

  • 元取引先上場企業の空売りとインサイダー取引

    私は、個人事業として、株式上場しているA社の取引先として仕事をしておりました。 A社は、商品を売りたいB社と、広告業のC社をマッチングすることが主な事業です。 ※B社・C社は特定の企業というわけではなく、B社・C社に当てはまる企業は複数います。 B社に売り上げが立った場合、B社の売上の一定割合をC社とA社に支払う仕組みに...

  • 代表取締役と取締役の違いと責任の程度

    A会社に勤務していました。A会社は労務管理をB社に委託していると言っていました。 B社について、登記簿を開示したところ、代表取締役は、Cさんでした。しかし、取締役が数名いて、A者の代表取締役DさんがB社の取締役も兼ねていました。 Dさんは、A社の代表取締役ですが、C社においては、取締役です。 今回、B社に対し「A社から委託...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。