不動産登記簿謄本とゼンリン地図

・社内(金融機関)で不動産登記簿謄本は個人情報にあたるとして、資料の保管場所に関して厳格なルールが定められています。
・一方で、ゼンリン地図、ブルーマップらにはそれがなく、机上に置かれたままとなっています。

そこで質問になります。ゼンリン地図らには定めがないにも関わらず、不動産登記簿謄本に対して保管方法を定めることに法的に意味はあるのでしょうか?

個人的には無いものと考えてます。
理由は以下の通り
・懸念すべきは社内における個人情報保護法の抵触。保管場所の厳格化は流出リスクを低減させるため。
・個人情報保護法における「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの、を言う。これによれば、ゼンリン地図と不動産登記簿謄本は共に個人情報と言える。
・しかし、公共性の高さからゼンリン地図は管理の対象にしていない。ただし、これは不動産登記簿謄本にも同様なことが言える。
・さらに、不動産登記簿謄本は個人情報の記載が広く一般に公開されることこそ、制度上の運用に意味があると言える。
2017年06月24日 23時50分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
>そこで質問になります。ゼンリン地図らには定めがないにも関わらず、不動産登記簿謄本に対して保管方法を定めることに法的に意味はあるのでしょうか?

法的な意味は小さいでしょうね。

ただ、会社としてどのような定めを設けるのかは、国が決めることではなく、会社が独自に考えて決めることですから、それを不適切とまでいうことまではできません。

私的な会社の運営の問題として、改善を提案すべき事柄だと思います。

2017年06月25日 07時29分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> 不動産登記簿謄本に対して保管方法を定めることに法的に意味はあるのでしょうか?

ローンなど債務状態が乗りますので、住所のみの地図よりは慎重な手続きになっても不合理であるとは思えません。
意味はあるでしょう。

2017年06月25日 19時09分

この投稿は、2017年06月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 「住所でポン!」というサイトについて2

    登記簿の不動産の所有者情報や、官報の破産者情報さえプライバシー情報として保護されるというのに、電話帳に記載されている住所・氏名・電話番号等の情報を、電話帳記載の個々の人々に無断でウェブ公開しても問題ない、という理屈はどういった考えから導かれるものなのでしょうか? 前回の質問 http://www.bengo4.com/internet/106...

  • 電話帳の情報をウェブ上に公開する「住所でポン!」というサイトについて

    電話帳の情報をウェブ上に公開する「住所でポン!」というサイトがありますが、電話帳に掲載されている情報とはいえ、人の住所や電話番号等の情報を(おそらく)許可なくウェブ上に公開するという行為は、プライバシーの侵害等にはなりえないのでしょうか?

  • 登記簿上の個人情報にプライバシーを主張できますか?

    登記簿謄本(全部事項証明書)は公開文書との認識ですが、記載内容には、共有者の改姓や住所移転によって夫婦が離婚が読み取れるものや、ローン会社による差し押さえ等の内容も含まれる場合があります。 これらは個人情報保護法における個人情報の要件を満たすと思われますが、プライバシーの権利を主張(秘匿を求めたり、無秩序な流布...

  • スクレイピングによる取得した不動産情報の利用は違法でしょうか?

    不動産物件情報サイトを制作しようと考えております。 そこで不動産情報を他サービスに掲載されている情報をスクレイピングし、 弊社のサイトにも掲載しようと考えているのですが、 法律的に問題ないかどうかご相談させていただきたいと思っております。 質問は2点です。 1. 下記質問では情報元のリンクを貼ることを条件に入れて...

  • 調べれば誰でもわかる情報を公開する行為とプライバシーの侵害について

    登記簿に書かれている土地や建物の所有者の情報等、誰でも調べればわかる情報を公開する行為はプライバシーの侵害になりえますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。