1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 上司から私の不手際に対して弁護士に相談すると言われた場合の対応について

公開日:

上司から私の不手際に対して弁護士に相談すると言われた場合の対応について

2016年09月30日
ベストアンサー
お世話になります。
今までの会社内での上司からの仕事依頼に、正直私自身が正しく対応していなかった(その場逃れの嘘もあったと思います)という状況ではありますが、怖い上司でもあり、これ以上迷惑をかけたくなく、同じ会社の他部門に異動したい旨申し入れたところ、遠まわしではありますが、それは無理で退職をほのめかされました。それを断ったら"弁護士に相談する"という回答をもらったのですが、本状況ですと、会社から(というかその上司から)本当に訴えられてしまうものなのでしょうか。その中間にいる上司に人事に相談したいと言ったら"こじれるから止めた方がいい"と言われましたが、本当に相談すべきではないのでしょうか。嘘を言ったと言っても、不正や粉飾をしたわけではありません。
相談者(489692)の相談

みんなの回答

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
ご記載の内容のみから判断しますと,上司の方から訴えられる理由はないように思われます。
人事課への相談に関しましては,特に相談すべきではない理由はないでしょう。

参考にしてみて下さい。

2016年09月30日 13時07分

相談者(489692)
ありがとうございます。うちの会社は売上データの管理が複雑で、わかる範囲で調べて回答した数字が間違っていて、それをちゃんと調べきらなかったという事が、ご本人はこれを不正と感じているようですが、大丈夫でしょうか。。。

2016年09月30日 13時13分

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> ありがとうございます。うちの会社は売上データの管理が複雑で、わかる範囲で調べて回答した数字が間違っていて、それをちゃんと調べきらなかったという事が、ご本人はこれを不正と感じているようですが、大丈夫でしょうか。。。

→わざとデータ上の数字を違うものにしたというわけではないでしょうから,不正とはいえず,単なる業務上のミスと評価されるべきものだと思います。いずれにしても上司の方から訴えられる可能性は極めて低いと考えられます。
参考にしてみて下さい。

2016年09月30日 13時18分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
うちの会社は売上データの管理が複雑で、わかる範囲で調べて回答した数字が間違っていて、それをちゃんと調べきらなかったという事が、ご本人はこれを不正と感じているようですが、大丈夫でしょうか。。。

→ 大丈夫でしょう。

2016年09月30日 13時20分

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> ありがとうございます。うちの会社は売上データの管理が複雑で、わかる範囲で調べて回答した数字が間違っていて、それをちゃんと調べきらなかったという事が、ご本人はこれを不正と感じているようですが、大丈夫でしょうか。。。

弁護士に相談するといわれたとしても裁判をするとは限らないと思います。

詳しい事実関係は分かりませんが,会社に損害を与えていないのであれば損害賠償請求ということはありません。

不手際の内容が就業規則に反するのであれば懲戒処分という可能性は考えられます。

とはいえ説明が不正確だったというだけに過ぎないのであれば,不正ではないし,少なくとも解雇や退職勧奨ということまでは根拠がないように思います。

2016年09月30日 21時28分

相談者(489692)
この上司の怒りは収まらないようで、私が人事に本件を相談していた事(怖い上司なので一緒に仕事をするのが苦痛である事)、またその相談事実を本人(上司)には知らせず、人事には相談していないと嘘をついていたことに不満があり、私が会社を自主的に退職し、一連のことを謝罪しない限り、訴訟を起こすと言われています(上司は弁護士先生に近しい業務を行っており、既に既知の弁護士先生には訴訟にむけて相談していると代理人を通して通告されました)。やはり訴えられて敗訴になるのでしょうか。その際はやはり会社を辞め、かつ賠償金を支払う事になってしまうのでしょうか。

2016年10月13日 17時19分

相談者(489692)
追伸ですが、具体的にどのような内容で訴訟をおこそうとしているのかがよく見えないのですが、代理人を通して感じるところは、私がこの上司にパワハラされていると人事に訴えているように思っているようで、それを名誉毀損と思っているのかもしれません。何れにせよ訴訟内容がはっきりしない中での相談で大変申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます

2016年10月13日 17時43分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
貴方も弁護士を立てて毅然として対応するべきでしょう。

2016年10月13日 18時44分

この投稿は、2016年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,162名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

第三者委員会の原型のメンバーを体験し、弁護士の職務領域を拡大してきた半生 國廣正弁護士ロングインタビュー

國廣正氏は、町弁としてキャリアのスタートをきったが、ちょっとした縁で第三者委員会の原型となる山一証券の調査委員会のメンバーを務めた。以後 「依...

部下を休ませるため「管理職」が仕事を肩代わり 「歪んだ」働き方改革にしないためには?

時間外労働の上限規制が、4月から中小企業に適用されることになり、規模を問わず、ほぼすべての企業が、「働き方改革」とは無縁でいられなくなった。法...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

「起業のリスク把握して」弁護士がスタートアップに無料相談 東京三弁護士会

都内で起業を目指す人や、創業したてのスタートアップなどを対象に、弁護士が法律相談などの支援する新たな仕組みが8月5日から始まる。実施するのは東...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士に相談すると必ずなにか罪として訴えられるのでしょうか?

    付き合っていた人が、いきなり、『弁護士に相談しているから』と言ってきました。 別れ話で少し意見の相違があり、揉めています。 相手が、嘘をついていたり、話を次々翻しているため、なのですが、相手としてはどうにもならないから弁護士に相談したから、なようです。 変な質問ですが、弁護士に相談したからといって、必ずしも...

  • 弁護士の発言について

    今現在とあることで身内と争っており、相手方弁護士のあまりに強引なやり方に、事務所に電話して抗議いたしました。 そうしたところ、弁護士は私に「職場の上司の名前を言え」、「(私の職場での立場)の者がこんなこと(抗議)していいとでも思っているのか」等と声を粗げられました。 私が「職場や上司は関係ないではないか」と反論した...

  • 脅されて困ってます。

    教育関係の会社の責任者が1回だけ合意の淫行をしてしまい、それが相手の親にわかり訴えない代わりに一言一句変えないで判子を押せと公正証書に判をつかされました。しかし、すでに警察に訴えており、拘留され略式起訴の判決を受け、罰金を支払いました。 その後、公正証書にあるからすぐ会社を辞めろ、辞めないなら記者会見を開いて...

  • 一人で来るように相手方に言われましたが

    ある事件について、私は弁護士をつけて示談交渉をしていました。相手側の言い分も全部聞き示談書を作って相手側の了解も取れたのですが、数日後、相手側から弁護士ではなくて私に連絡があり、示談書の件で聞きたい事がある。できれば弁護士同伴じゃなくて一人で来て欲しいと言われましたが、一人ではなにされるかわからないから行かない...

  • 退職について。弁護士さんに話した方がいいですか?

    前にも書きましたが退職を三ヶ月後と社長と話し合い自己退職も決まったのにも関わらず社長の感情でその日でいきなり解雇はありえるんですか?いきなり解雇と行って来たり辞めたらどこにも行けないなど脅しと取れる発言は違法ですか?弁護士に退職の交渉をしてもらって後から社長と二人になった時脅されたり脅迫される可能性もあるんですが...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。