ベストアンサー

案件をペラペラ第三者に話す弁護士がいます。

自分の知り合いが借金問題である弁護士に破産の申請をしているのですが、あろうことにその弁護士が○○から借金問題の相談を受けているという事をペラペラ喋っている事を聞いて、確認も取れたのですがこれは弁護士としてどうなんでしょうか?
2016年04月13日 17時10分

みんなの回答

三本 章
三本 章 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
大変問題のある行動です。
弁護士には職務で知りえた秘密を口外しないという義務が課せられております。
懲戒請求の対象にもなりえるかと思います。

2016年04月13日 17時14分

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
問題ありです。私なら借金問題の案件に限らず全ての受任案件について、個人を特定できる情報と一緒に第三者に話すことはしませんね。

2016年04月13日 17時15分

相談者
ただ、キャバクラの女の子なんでその弁護士は源氏名で話をペラペラしているので本名ではないからとう認識で話をしているようなんですが。

2016年04月13日 17時42分

大西 純
大西 純 弁護士
ありがとう
源氏名でも,本人が特定できる形で,あるいは特定できる相手に話している場合は問題だと考えます。

2016年04月13日 18時46分

種田 紘志
種田 紘志 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
源氏名であれ事件の内容を口外すること自体が問題と言わざるを得ません。
また、源氏名であっても特定できる人からすれば特定できてしまいますので、やはり問題であろうと思われます。
そのような話は慎むよう弁護士に対して言うべきでしょう。

2016年04月13日 18時53分

この投稿は、2016年04月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,447名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士の仕事について

    被相続人から生前贈与、死因贈与を申し立てられたと言われている者です。 担当弁護士から、相手方の弁護士から、ある内容についての回答を2通貰いました。 それも、FAXで約1時間違う物ですが、内容が全く異なっていました。 弁護士として、依頼者に問い合わせずに回答をすることがあるのでしょうか? 弁護士の勘違いで済む話で...

  • 弁護士の先生は、訴訟で、相手方弁護士が知り合いだということがよくあるのですか

    弁護士の先生は、訴訟において、相手方弁護士が知り合いだということは、わりとよくあるものですか。それとも、確率的には、ほとんどないのでしょうか。 また、とても仲の良い友人であったり、話したことはないが同じ弁護士会で名前を知っていたり、ということもあるのですか。

  • 弁護士会に紹介してもらった弁護士の懲戒請求

    弁護士会は、弁護士会が紹介した弁護士が依頼者の不利益になる行為を故意にしたり、嫌がらせをしても、懲戒処分はしないのですか? 私だけでなく、調べるとこの弁護士の被害にあった依頼者が何十件もでてきました。 みなさん懲戒請求しているのに、弁護士はおとがめなしです。 理由は、結局着手金を返金するから、らしいです。 こん...

  • 懲戒処分を受けた弁護士さん

    弁護士法第56条第1項に定める、弁護士としての 品位を失うべき非行に該当する として、懲戒処分を受けた弁護士さんがいますが 懲戒処分って、弁護士さんの間ではよくある事 なんですか?

  • 妻と弁護士が結託して私の私物を隠匿

    妻と弁護士(妻側代理人)を間に立てて離婚協議中ですが、妻が私の携帯電話を無断で持ち出し、弁護士に預け、こちらの再三の返還要求にも答えてもらえません。当該弁護士はある弁護士会にも所属されている方ですが、このような行為は許されることなのでしょうか?教えていただけると幸いです。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。