1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 会計帳簿の閲覧は第三者が請求できる?

公開日:

会計帳簿の閲覧は第三者が請求できる?

2016年03月04日
ベストアンサー
株式会社において、代表取締役が2名の登記になっています。1名の取締役は事情により会社運営に直接関わっていない状態です。その取締役から委任状を委託されれば、株主でない第三者でも会計帳簿の閲覧請求はできるでしょうか?
相談者(431168)の相談

みんなの回答

海野 卓也
海野 卓也 弁護士
ありがとう
会計帳簿の閲覧請求権等は株主の議決権行使に資するものとして規定された制度であるため、原則、株主本人が請求することを前提とするものです。
株主総会で代理人による議決権行使を認める条文(会社法310条)のような規定が閲覧請求等に設けられていないこともその表れでしょう。
もっとも、本人でないと閲覧できないというのは支障が大きいため、実務上、理由により代理人による閲覧が認められることもあると考えられます。

2016年03月04日 14時37分

相談者(431168)
海野弁護士様ありがとうございます。代表取締役の1名が数年前から業務上会社の所在地から遠方にいる為、会計帳簿の確認が取れていないので、会社所在地の近くにいる仕事上の付き合いがある私に会計帳簿の閲覧を依頼してきました。委任状を作成するから帳簿を確認して報告して欲しいとの事です。どのような手続きで閲覧が可能になりますか?

2016年03月04日 14時53分

海野 卓也
海野 卓也 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
まず、会社に本人から、本人以外の代理人が閲覧に行く旨申し向け、了解を得ること、
次に、本人からの委任状を取得し、会社に提出することを要すると思います。

2016年03月07日 11時02分

この投稿は、2016年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,570名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

第三者委員会の原型のメンバーを体験し、弁護士の職務領域を拡大してきた半生 國廣正弁護士ロングインタビュー

國廣正氏は、町弁としてキャリアのスタートをきったが、ちょっとした縁で第三者委員会の原型となる山一証券の調査委員会のメンバーを務めた。以後 「依...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

歴史に名を刻んだ国際派弁護士の見る「夢」 川村明弁護士ロングインタビュー

2010年、日本人としてはもちろん、東アジアから初めての国際法曹協会(IBA)会長が誕生した。就任したのはアンダーソン・毛利・友常法律事務所の川村明...

部下を休ませるため「管理職」が仕事を肩代わり 「歪んだ」働き方改革にしないためには?

時間外労働の上限規制が、4月から中小企業に適用されることになり、規模を問わず、ほぼすべての企業が、「働き方改革」とは無縁でいられなくなった。法...

この相談に近い法律相談

  • 会社資金の取り扱い及び決裁権の所有について

    有限会社の取締役をしております。取締役は1名のみですが、他に実質的実験者(本人は株主と言っています)がおり、実際は名ばかりの取締役をしております。そこで会社運営に関わる実権についてご教授お願い致します。 ①当社の給与・経費の支払いの決裁権は株主が持っております。当社がわからない支払いがあり、どうやら株主が当社の...

  • 婚姻費用調停で法人の決算書の提出を求められる

    当方会社(株式会社)を経営しています。 婚姻費用調停で源泉徴収を提出したところ、相手方から会社の決算資料過去3期分も提出して欲しいと、訳のわからないことを求められています。 他の収入がないか確認したいとのことですが、それであれば個人の確定申告書の提出ではないでしょうか? 個人と法人は全く別物なので、決算書...

  • 牽制目的の帳簿閲覧権行使について

    とある株式会社の株主の者です。途中まで私が役員を務めていた関係で株式を保有しております。現代表取締役とは折り合いが悪くなったこともあり、私は役員を既に退任しておりますが、株式は保有したままの状態です。当該株式会社は、取締役会非設置、監査役非設置になります。 今後企業価値の向上により一定の投資回収が出来ればと考...

  • 第三者による相続放棄確認の是非

    ゴルフ場経営会社勤務の会社員です。 1.会員が亡くなった場合の預託金返還申請、あるいは名義書換申請において、当社、当ゴルフ場では相続人代表を決めていただき、その方から申請をしていただいております。 2.その際には亡くなった会員の出生から死亡までの連続した除籍(戸籍)謄本、及び遺産分割協議書等も提出いただいておりま...

  • 公的文書や取締役の権限について

    有限会社の取締役をしております。 現在、当社の取締役は私1名のみですが、株主が勝手に「代表取締役」を登記するように動いているようです。その場合、登記に必要な書類には議事録や定款など必要になってくるかと思いますが、私の署名無しでも申請はできるものなのでしょうか? 仮に私の署名が必要な場合、その署名を偽造した場合は...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。