弁護士の得意分野「企業法務」とは? 個人事業主の事業場上の相談は「企業法務」となるか否か?

弁護士を探す時に、その弁護士の専門分野をキーワードに探すことがよくあります。

交通事故を専門にしている弁護士に離婚問題やDV問題を相談する相談者は居ないでしょう。
相続問題を専門にしている弁護士に賃金未払い問題をを相談する相談者は居ないでしょう。
(まあ、いるかもしれませんが)

さて、得意分野に「企業法務」を挙げている弁護士はよく見かけますが、そもそも、この「企業法務」、とは何でしょうか?
個人事業主の商売上のトラブル、などは企業法務の範疇内でしょうか? 範疇外でしょうか?

範疇外の場合個人事業主の商売上のトラブル、などは何を専門にしている弁護士に相談するのが良いでしょうか?
2016年02月14日 09時56分

みんなの回答

太田 哲郎 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
特に明確な定義はありませんが、企業法務という場合には、個人事業主の商売に関する法律問題も、含まれるのが通常だと思います。

2016年02月14日 10時13分

相談者
太田 哲郎 先生

ご回答いただきありがとうございました

2016年02月14日 10時35分

この投稿は、2016年02月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士法人から民間企業への法律事務の委託について

    弁護士法人から民間企業が法律事務の委託を受けることは、弁護士法72条に抵触するものかご教示下さい。 弁護士法人が通常事務員にて実施している業務、及び弁護士本人が行っている業務として以下のものが想定されます。 ・顧客からの問い合わせ対応 ・顧客への業務の説明 ・顧客への相談内容ヒアリング ・契約書等の発送 ・弁護...

  • 弁護士による弁護士の斡旋

    ・事例 法律Q&Aサイトを株式会社A社が運用し、 サイトのユーザーからの 法律相談・法律事務に関する業務をB弁護士法人に 委託します。 ユーザーは、B弁護士法人と法律相談・法律事務に関する契約 を結びます。その契約には、サイトに登録している弁護士への 法律相談・法律事務の再委任できる旨の特約を盛り込みます。...

  • 女弁護士を派遣するという設定のデリヘル、法律上は問題ない?

     女弁護士を派遣するというデリヘルがあるのですが、弁護士という肩書きを用いて営業を行っても法律上は問題ないのでしょうか?  在籍する嬢はざっと数えて50名くらいいるように思います。嬢が全員本当に弁護士資格を持っている可能性も無くはないでしょうが、元有名AV女優という肩書きの嬢(元有名AV女優の弁護士を寡聞にして知りま...

  • 弁護士法・利益相反の件でお尋ねです。

    マンションの所有権問題で相談中の弁護士の資格についてのお尋ねです。当方・住人で管理組合メンバーです。訴えたい相手はマンション販売業者(建設業者)です。所有権の件でもめています。 ① 管理組合が依頼した弁護士は、マンション管理を委託している会社の弁護士事務所のスタッフ弁護士です。 ② ①の管理会社は、販売業者から販...

  • 非弁提携(有料紹介)の制定理由。撤廃できないんでしょうか?

    非弁提携、弁護士への有料紹介が違法になる点について質問です。 この弁護士案件の有料紹介は、それこそ法サービスに困っているけど 弁護士利用がイメージできない一般の人には良いことだと思っていますが、 なぜ弁護士への業務紹介が違法だ、という法律があるのでしょうか? 過去には広告が禁止されていたなど、他の業種と比べると...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。