医療法人の理事?労働者?

医療法人の理事で管理者である歯科医師です。
報酬が診療点数に対する完全歩合で社保には入っているのですが、契約書は労基法に則っていません。
これはつまり理事としての委任契約のみで仕事をしろということなのでしょうか?
辞める為には退職届は意味ないのでしょうか?
また委任契約ならいつでも解除できると思うのですが損害賠償のリスクは伴いますよね?
2015年11月28日 16時54分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
管理者という立場にあることから、十分な引継ぎ期間を経ずに辞めてしまうことによって医療法人に損害を生じさせたと言われるリスクがあります。
単なる理事か理事兼労働者かの別はともかく、医療法人が次の管理者を置くために十分な期間を置くことが無難でしょう。

2015年11月28日 20時10分

相談者
医療法人の管理者の、歯科医師としの労働性はないのでしょうか?
契約が委任契約しかない場合でも指揮命令があるなどを理由に労働者性を認められ、労基法の
適用にはならないのでしょうか?

2015年11月28日 20時20分

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
労働者性が認められるかどうかは、時間的場所的拘束や仕事の諾否の可否やその他の事情を考慮して、判断されますが、管理者としての地位にあるという特殊性がありますので、労働者性が認められるとしても慎重に行動された方がいいと私は思います。
労働者性については詳細な事情を検討しないと判断がつきませんから、弁護士の面接相談を利用してください。

2015年11月28日 20時28分

相談者
ありがとうございました。
色々と勉強になりました。

2015年12月01日 08時07分

この投稿は、2015年11月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 医師が医療法人の理事に就任した場合

    雇われ院長となり、医療法人の理事に就任した場合、 理事就任に関する委任契約を結ぶと、民法651条が 適用され、辞める場合の時期を選ばないといけなくなりますか? また、医療事故が起こった場合は通常の勤務医と 違う責任を負うことはありますか? ご教示頂ければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • うつ病による休職の際の手当について

    2ヶ月ほど前から、会社の中での精神的ないやがらせと、プライベートでの人間不信なども重なり、うつ病である、と診断されました。 会社の産業医および、産業医から紹介された精神科の先生の診察を受け、休職を勧められ、会社からも休職を勧められています。 会社側は社内でのいやがらせがあり、それにより精神的苦痛を得た、とい...

  • 比較的軽微な事故の自費診療と症状固定時期

    交通事故の受傷で、加害者が任意保険に加入しながら、物損事故扱いを良いことに、自身の保険会社へ連絡しない為、やむを得ず、自賠責自費診療で治療費を立て替えています。 (事故日に受診して、交通事故による腰椎捻挫で2週間の加療を要する見込みとの診断書を医師に書いてもらっています。) 加害者が任意保険を使って、被害者の治療費...

  • 障害年金の受給について

    私の友人が病気による腕の障害で、障害年金の受給要件を充しており、現在社会保険労務士の方と相談をし受給の手続きをしています。社労士の方に一番低い三級は受給できるだろうと言われていました。 しかし病気の診断書を担当医に書いて貰うにあたって、担当医とリハビリの担当の方に不正受給だと罵られ、更に担当医に受給できなくてい...

  • 医療関係の労働派遣事業について

    医療関係は労働者派遣事業を禁止されていると思いますが、現在医療従事者を医療機関へ派遣する会社は多数あります。 これらは法律違反ではないのでしょうか? もし、違反でないとするならばその理由をお教えいただきたいです。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。