法人の印鑑証明書と履歴事項全部証明書の住所について

会社の法務をやっております。職務柄、本人確認を行います。法人の印鑑証明書と履歴事項全部証明書の住所についてですが、私見では、印鑑証明書と履歴事項全部証明書の住所は一致しているものと思っておりましたが、一致していないケースもありまして、正直悩んでおります。
会社所在地の登記申請(変更を含む)をする場合、印鑑証明書の住所についても連動して変更することを法務局登記官にお聞きしました。
上記のような住所不一致のケースは本人確認を行う際、どういう対応をすればいいのでしょうか? またどういうところがポイントになるのでしょうか? また必ず一致しなければならないのでしょうか?
力をお貸しください。よろしくお願いいたします。
2011年01月06日 17時57分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
本店所在地の変更登記をする前に入手した印鑑証明と変更登記後に入手した履歴事項全部証明書を提出されると(その逆の場合も含みます。),前者と後者とで本店の所在地が異なることになります。どうしても気になるのであれば,両者が一致したものを再提出させればいいでしょう。

2011年01月06日 19時58分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
印鑑証明書発行日の全部事項証明書を
提出させればよいと思います。
そうすれば、住所の不一致はありません。

2011年01月06日 21時05分

この投稿は、2011年01月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

配偶者との性格の不一致を調停で主張するときのポイント

配偶者との性格の不一致を理由に離婚調停をする場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。調停が不成立になった場合、離婚に向けてどうしてい...

離婚にあたり知っておくべきお金のこと

配偶者との性格や価値観のズレから離婚を考え始めたけれど、そもそも離婚に応じてもらえるのかといったことや、離婚後の生活への不安などから、一歩踏...

性格の不一致を理由に離婚する方法

結婚生活を続けていくと、ささいなすれ違いや不満が積もり積もって、「こんな人とは暮らせない。離婚したい」という気持ちになることもあるかもしれま...

性格の不一致で離婚が認められる場合

結婚をすると、性格や育った環境、価値観などが異なる他人同士がともに生活をすることになります。そうした中で、金銭感覚や生活習慣などのささいな違...

この相談に近い法律相談

  • 誓約書を内容証明証で送る

    マンションのペット飼育規約違反をしている住人に誓約書を内容証明証にて送ろうと考えております。 誓約書は同じもの2通で2通に署名捺印後1通は送り返してもらい当方へ保管します。 誓約書を内容証明証で2通送るやり方は間違ってないのでしょうか また違反していた居住者が複数名の場合の 署名捺印の覧を人数分記載すれば良...

  • 就職 本人 身元保証人 印鑑証明書

    転職が決まり、今必要な書類等準備しております。 その中に、本人と身元保証人の書類記入と押印、印鑑証明書添付とあります。 私は実印登録の経験がないです。(役所で手続きは、簡単に出来ることは知りました) 保証人をお願いしようと思う両親も、身元保証人に印鑑証明書が必要なんて聞いたことない、家を建てる際に父が作っただけ...

  • 勝手に原本還付した印鑑証明書を悪用された場合

    相続により不動産の名義を変更する事になり、遺産分割協議書に印鑑証明書を添付して、委任状を書き代理人(親族)に法務局で手続きを行ってもらいました。しかし、代理人が私の印鑑証明書を勝手に原本還付して、「私の印鑑証明書を返してくれ」と言っても、「見当たらない」と言い、印鑑証明書を返してくれません。 法務局に聞いたら、「...

  • 示談書における住所、氏名の記載について

    交通事故に関する示談書を取り交わす際、住所が現住所と印鑑証明記載の住所 が異なる場合、印鑑証明記載の住所で記すべきでしょうか。 また、下の名前が国民健康保険証ではカタカナ、戸籍謄本は漢字(印鑑証明 は未確認)となっている場合戸籍謄本記載の字体で記すべきでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 私が被害者ですが…

    私の会社の銀行預金が第3者が銀行により全額解約去れました。第3者が銀行に提出した書類(公正証書)2通のコピーを見たら偽造した公正証書でした。偽造箇所は私が公正証書を依頼した事になってますが、みおぼえなし公正証書に添付してあるパスポートは全然別人公正証書に添付してある登記簿謄本の日付が公正証書の認証した日付の後です。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。