求人紙と求人サイトの運営をする為の許可について

公開日: 相談日:2015年09月16日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

現在、広告と求人を合わせたフリーペパーとそれに連動させた求人サイトの運営を計画しております。
求人紙はポスティング会社に委託して配布します。
出稿主には求人紙のスペースと求人サイトの露出に応じた金額をいただく予定です。
このケースでは職業紹介事業にあたるのでしょうか?
また、その他にも必要な届け出があるのでしょうか?

384738さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    職業安定法4条に規定される「職業紹介事業」は、「①求人及び②求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における③雇用関係の成立を④あっせ んすることをいう。」と定義されています。

    すなわち、紹介事業者が、求人をする企業から求人申込を受け、求職者から求職申込を受けることで、両者の雇用関係の円滑な成立をサポートする形態を指します。

    本件が、あらかじめ買ってもらったスペースに求人情報を掲載させる契約をし、その求人情報を閲覧した求職者が、求人企業に直接連絡をするスキームであるとすれば、上記の要件を満たさないため職業紹介事業に該当しません。
    他方で、求人サイトの運営が求職者からの求職申込を受けることも予定しているのであれば、職業紹介事業に該当することで、職安法に基づく許可等を要する可能性があります。

    スキームと許可等の要否について官公庁に確認すれば確実でしょう。

この投稿は、2015年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す