弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

企業法務 : 企業法務に関するお悩み対処法

個人事業主と法人との債権回収について

法人(弊社)と個人事業主(Aさん)との間で、契約書を交わしました。ただ、Aさんはサイン、印鑑は押したものの、最終的な契約書の受け取りは拒否(配達証明で2度送りましたが)。

その後、Aさんへ請求書を数度送っても、支払いがされていません。

そこで質問です。

1.Aさんの自宅登記を調べたら、以前、差し押さえが入っており、競売されていました。その後、親族の方が買戻し、現在も親族の方(おそらくAさんの父親)の名義で無担保となっています。Aさんの件で、その親族の方に「手紙を送ったりして、支払いをしてくれるように」連絡するのは、法律的に問題がありますでしょうか?おそらく、Aさんはそれはしてほしくないと思っていると思います。


2.Aさんとの支払交渉の中で、金額も双方、再度提示(弊社は減額して提示)し、支払期日も決めました。にもかかわらず、二度も支払期日に支払いがなされませんでした。
今後は、仮差押え及び少額訴訟(債権金額が30万円程度)をしていこうと思っております。その場合の、弁護士さんへの委託料、着手金などは、それぞれいくらになりますか?

3.2に関連しますが、少額訴訟の際に、減額提示した金額は無しにして、当初の契約金額を請求しようと思っています。加えて、遅延損害金(契約書にはこれは不記載)も併せて請求することは可能でしょうか?また、契約書にはこちらの管轄の裁判所で裁判をすると書いておりました。通常は債務者側の裁判所になると思いますが、契約書に記載しているので、こちらの管轄の裁判所で訴えることも可能でしょうか?

以上、よろしくお願いします

その手紙の内容自体が、一般人が畏怖するに足りる害悪の告知を含むようなものでない限りは、問題がないように思います。
ただ、そのようなことを弁護士が代理人として行った場合には、弁護士倫理(品位)の問題とされることがあります。


これは、各弁護士によるところ(報酬の設定は自由)であり、ここで各弁護士が自己の報酬基準を提示して顧客誘引することはできないことになっています。
ただ、仮差押や訴訟をする場合,10万円を超える着手金を設定し、さらに成功報酬を設定している弁護士が多いようにも思います。


訴訟で問題になった場合に、支払交渉の中での減額約束がどのように認定されるかは微妙なところでしょう。
ただ、こちらが主張する趣旨としては、約束どおり支払ってくれる場合の恩恵としての減額である、ということになるでしょうから、まずは当初契約に基づいて訴訟提起することは可能であると考えます。
遅延損害金の請求も可能です。
契約書記載の管轄を合意管轄として訴訟提起が可能です。
大変わかりやすく、迅速にご回答いただき、ありがとうございます。

特に、①に関しては、弁護士の立場ではNGだが、個人としてやるのであれば、恐喝にならない限りOKとの判断は大変参考になりました。

③に関しても、全て分かりやすかったです。

ありがとうございました

ゆたかゆたかさん
2014年12月22日 16時14分

みんなの回答

山岸 陽平
山岸 陽平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2014年12月22日 16時36分

ゆたかゆたか さん (質問者)

2014年12月22日 16時39分

この投稿は、2014年12月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 契約書に署名捺印するにあたり

    売掛金を回収するため、債務者と消費貸借契約をしたのですが、その中に、弁済期日の利益を失い、債権者からの催告を要せず全額弁済しなければならない。との項目があり、「支払いの停止、差押え、仮差押えされた場合」等があり、今回支払い督促をしたのですが、支払いがなかった時の為に財産を調べたところ、契約書に署名捺印する前に仮...

  • 債権者からの和解の提案に応えていいのでしょうか

    債権回収会社から和解の提案がありました。 10年以上前に弁護士さんに破産の手続きをお願いし、お金を払いましたがそのまま放置されてしまいました。 自分で色々調べて時効の援用をしましたが、一社だけ裁判をされていて、判決が出ていたため、時効の援用は無効だったようです。 そこが債権譲渡をし、債権回収会社から書類が届いて...

  • 先日、裁判の取下書が届き...

    その取下書には 時効の援用を認める旨が書かれていました。 その後、借金の申し込み書の現物が送られてきました。 今後、この債権回収会社が、他の債権回収会社に債権譲渡をするなんて事は無いですかね? (´・ω・`)

  • 売掛金の債権回収について

    取引先(A)が上位会社(B)に弊社未払金を代物弁済として債権譲渡し B社から支払われることになりました。 弊社⇔B社間で書類を交わす必要がありますが確約書、誓約書、覚書 その他何が良いのか調べましたがいまいち分りません。 売掛債権消滅時効が2年とのことで準消費貸借契約書なるものが良いようですが 何回にもわたる分割支払...

  • 債権放棄されたのに・・・

    平成22年7月に譲受債権請求事件として、アビリオ債権回収会社から訴えられました。 自分なりに色々調べ、答弁書にて時効援用をしました。 その結果、債権の放棄と訴えを取り下げる旨の書類が送られてきました。 その後、半年も経たないうちに再び、債権回収会社から「お電話のお願い」という葉書がくるようになりました。 内容は、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。