ベストアンサー

企業コンプライアンスについて

企業が個人の持つ携帯電話の権利を法人化することは企業コンプライアンスに反する事でしょうか?
また従業員としての対処法があれば教えてください。
相談者(294383)からの相談
2014年10月29日 09時30分

みんなの回答

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
従業員の私物の名義を換えるという意味でしょうか?

もしそうであれば、コンプライアンス以前に、従業員の同意が必須であり、勝手には出来ないでしょう。

社長等が法人名義に切り替えるというのは特に問題はないでしょう。

2014年10月29日 09時38分

相談者(294383)
再度質問です。
会社から同意を求められて、従業員が断りづらいと感じたり、断った場合に不利益を被るのではと感じたりする可能性が高いと思いますが、会社側に問題は有りませんか?
教えてください。

2014年10月29日 11時23分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
適切か不適切か、という問題はありますが、違法とまではいえないでしょう。

2014年10月29日 13時00分

相談者(294383)
回答ありがとうございます。
もう一点教えてください。従業員の同意を取らずに名義変更をする事は可能でしょうか?

2014年10月29日 13時37分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
出来ません。契約当事者の変更である以上、当事者の同意が必要です。

2014年10月29日 14時08分

この投稿は、2014年10月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

「定年65歳未満」の企業がしなければならないことと定年退職した従業員を再雇用するときの注意点

就業規則などで定年を65歳未満にしている場合、企業は、(1)定年を引き上げる、(2)定年を廃止する、(3)定年後も働くことを希望する従業員を引き続...

従業員の身元保証人が会社から賠償金を請求された場合の対処法

従業員が会社に損害を与えてしまい、身元保証人である自分に賠償金の請求がきた…。このような場合には、賠償金を支払う義務があるかを確認し、金額が適...

この相談に近い法律相談

  • 企業のコンプライアンス

    労働法における違法がある場合、コンプライアンス違反となりますか?労働組合がない企業だと、取締役などに責任が問われたりするのでしょうか?

  • ラインスタンプについて

     公立小学校教員です。ラインスタンプを販売して稼ぐのは、法律違反ですか?副業禁止のやつです。

  • 不正アクセス行為の禁止等に関する法律についての質問

     実は、最近私は パスワードで閲覧制限がかけられた 会員制サイトの中の数十ギガバイトにも及ぶデータを  委託業務という形で、そのサイトの正規会員本人から その人の替わってダウンロードをして HDDに保管するように頼まれたのですが  この際に、正規会員ではない私が 依頼者から受け取ったパスワードを使用して サイ...

  • 【オンラインゲーム】○○の中からいずれか1つをプレゼント【アイテム販売法】

    あるオンラインゲームでのアイテム販売方法について質問です。 「A(2000円)を買うと○○の中からいずれか1つプレゼント」という販売方法があります。 ○○の中身にはガチャと同じ様にレアアイテムがあり、 現在はこの方法でしかこのレアアイテムBを入手できません。 (Bは以前コンプガチャのオマケで、取得するのに最低5万円以...

  • ラインスタンプ 地方公務員 教職員 副業禁止

     30代の公立小学校教員です。ラインスタンプの販売に関する質問です。イラストの作成を母(50代パート勤務)が行い,アップデートや申請の方法が中年の母にとってはややこしいので,それらを私が全て代行し,母の口座に振り込まれた売上を、「お小遣い」としてもらうのは違法でしょうか。地方公務員法の副業禁止にあたりますか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

企業法務の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。