不作為についての不服申立て

行政訴訟における国(法務局の職員)が、民事訴訟上における事実作出の主張を行い、裁判官が国の意見だからと聞く耳を持たない場合において、

「不作為についての不服申立て」を行って、正す事は可能でしょうか。どこに申し立てるのが良いのでしょうか?
2012年06月12日 01時08分

みんなの回答

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
具体的な内容を書いて頂かなければ、どの行為について、どのような手段を利用できるかをお答えすることはできません。
複雑な背景を抱えていらっしゃるようですので、資料等をお持ちになり、直接、弁護士に御相談なさることをお勧めします。

2012年06月12日 01時31分

相談者
それが解決されれば、労災になるのです。国の書面にも、それが解決されれば裁判官次第との趣旨あり。しかし、訴訟部の職員が卑劣な主張をしており、裁判官が信じないのです。
直接、苦情を入れて取り下げないと厳しい。細かい事を書いても、ここまで1人で行っています。弁護士相談した全員が逃げ出した難解な案件です。最後まで1人で戦うつもり。
手続き手段を教えて欲しいです。

2012年06月12日 02時24分

弁護士A
ありがとう
裁判中ということでしたら、手続き上の問題点について苦情を申し立てるには、当該裁判の中でしかできません。裁判所は、特に、苦情の申し立て窓口というものを用意していないからです。
大変だと思いますが、がんばってください。

2012年06月12日 17時43分

相談者
裁判が確定(第2審)しています。

しかし、医師の検討が発症時期を誤っているので、民事調停で交渉しています。

それとは別として、

行政訴訟における国(法務局の職員)が、民事訴訟上における事実作出の主張を行い、裁判官が国の意見だからと聞く耳を持たない場合において、

医師の検討についての交渉が済み次第に再審をする事になると思いますが、

こんな呆れた状態なのです。

実際:体調不良→過労死基準を上回る労働→発症
医師:体調不良→残業をせず帰していた→発症


法務局の職員が、民事訴訟上における事実作出の主張を行って事について、行政の中で作出を認めさせた上で再審が理想と考えています。
医師の問題と、別の件で作出が在るのです。

どこの行政に申し立てたら良いのか質問をしているのです。

2012年06月12日 17時56分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
残念ながら、行政上、苦情を受け付ける窓口はないように思われます。
国に対して、国家賠償請求訴訟を提起し、その中で、当該行為が違法であることを主張する必要があると考えます。

2012年06月12日 18時57分

この投稿は、2012年06月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

後遺障害等級認定の結果に納得できない…異議申立てで主張すべきポイント

まだ痛みや違和感が残っているのに、後遺障害等級認定の審査結果は「非該当」ーー。結果に納得できず、異議申立てを考える人もいるでしょう。この記事...

この相談に近い法律相談

  • 民事訴訟での本人尋問

    民事訴訟の被告になりました いずれ本人尋問が必ずあるでしょうが 法廷なんて緊張してうまく話せないかもしれないという理由での非公開の審議を裁判所に申請する事は可能なんでしょうか!?

  • 行政不服申立と行政事件訴訟の違いについて

    行政不服申立と行政事件訴訟の違いとはどのようなものなのでしょうか?

  • 民事訴訟に於いての再立証

    簡易裁判所の民事訴訟の口頭弁論において、『立証はもうない』とした後に、再度、立証をしたい場合はどうしたら良いですか?

  • 離婚訴訟と民事訴訟

    離婚訴訟と民事訴訟では家裁と地裁(簡易裁判所)訴える場所が違う以外何がちがうのでしょうか? 離婚訴訟でも求釈明などは使えるのでしょうか?

  • 司法の消極性は立法府だけではなく、行政府に対しても同様?

    司法の消極性については立法府だけではなく、行政府に対しても同様なのでしょうか? 中央官庁の示した法令の解釈等を裁判所が否定することは、ほとんど無い?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。