オーダーメイド品のパブリシティ権について

公開日: 相談日:2022年05月17日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
コンサートなどで使ううちわのデザインをオーダーメイドで販売しているのですが、芸能人など名前をフルネームでお願いされることがあります。
パブリシティ権があるため特定できる個人名やグループ名は使用できないためとお断りしています。
こちら側から芸能人の名前を前面に出し集客しようとも思っておりません。

【質問1】
しかし、芸能人のフルネームのうちの1文字(例えば田中健二の健だけ)なら問題はないと思っているのですが、紹介文などにその人が所属している事務所名などを入れなければ大丈夫でしょうか?

【質問2】
また珍しい名前など、明らかに伝わる名前でも苗字だけや、下の名前だけで、なおかつグループ名や事務所名を明記しなければ特定の人物ではないと判断されますか?

1145056さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    柴山 将一 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    【質問1】につきまして
    そのような一文字だけであれば誰かを特定するものではないですので、事務所名などの特定できる情報を入れなければ大丈夫でしょう。

    【質問2】につきまして
    この場合は少々難しい感じがします。やはり珍しい名前など明らかに伝わる名前は、苗字や下の名前だけで事務所名等が無くても、有名人として周知性の高い名前であるとして特定のタレント等の人物を指すものと判断されてしまう可能性があるかと存じます。

    以上、少しでもご参考になれば幸いでございます。

  • 相談者 1145056さん

    タッチして回答を見る

    ご回答いただきありがとうございます。とても参考になりました。
    追加で気になったので質問させてください。
    仮に出品したものが権利者からの削除申請により削除された場合、権利者は削除以外にも民事訴訟を起こす可能性はどれほどのあるのでしょうか?初めはやはり削除申請に止め、一度なら削除のみで見逃すことがほとんどですか?
    繰り返し行うユーザーに対しては訴訟というのが一般的だと思うのですが...
    同業者には明らかに個人名がわかるように販売している人もおり、そう言った人たちはどうなるのか気になってるおりました。
    もしよろしければご回答いただければ幸いです。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    柴山 将一 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    実際に民事訴訟まで提起される例は少ないとは存じます。運営側が悪質であると判断した場合が多いのでは無いでしょうか。一度のみならず二度、三度と繰り返すようであれば悪質と判断されてもおかしくないでしょう。
    個人名が分かるように販売している人たちというのは、そもそもこのような権利の問題を気にしていないのか、そもそも知らないのか、知っていたとしても訴訟等までされることはないだろうと高をくくっているのか、そのようなところではないでしょうか。

    ただ、アーティストなどによっては、個人で作成する物ですらアーティスト名やタレント名を載せることを禁止するメッセージを出しているところもありますので、どのような対応があるかは十把一絡げに捉えることはできないと存じます。対応が厳しいところもあれば緩いところもある。それが実情かと存じます。

    以上、こちらの回答もご参考になれば幸いでございます。

  • 相談者 1145056さん

    タッチして回答を見る

    お忙しい中ご回答いただきありがとうございました。
    こちらはお時間があればで結構なのですが、後学のために教えていただければ幸いです。
    今違反している人が既に3.4万円の売り上げをあげていて、その上で権利者より削除申請がされた場合は、該当ページ削除の他に権利者から当事者へ何かしらの請求が為されることがあるのでしょうか?
    もちろん可能性は0ではないと思うのですが、サイト管理者への情報開示請求や手続きの費用や手間を考えるとどうなんだろうと気になりました。
    売り上げが高額の場合は判例があると思うのですが、少額の場合の事例が見つからず専門家の方のご意見が聞いてみたいです。
    よろしくお願いいたします。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    柴山 将一 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    仰るとおり、費用対効果を考えた場合そこまで行う可能性は低いですが、ゼロではありません。やはり、悪質だと判断したり、他の同様の行為を行っている業者等への見せしめなどの意味で、費用がある程度掛かっても必要な対応を行う場合はあると思います。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました