短いありふれた文章の使用の規制について

公開日: 相談日:2022年05月11日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
とある発言するとポイントがもらえるサイトに投稿していました。
「小さいサイズの靴がほしい(例)」などと発言しましたが、そこのサイトは一度投稿すると著作性のないありふれた短い文章までもうTwitterなどで使うことはできないようです。問い合わせしたところ、そういった文が返ってきました。(規約には書いてありました)

【質問1】
このような規約は法的に効果があるのでしょうか?私は二度と「小さいサイズの靴がほしい(例)」とつぶやけないのでしょうか。

1143194さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    具体的な発言内容を確認しないと判断できませんが、創作性に乏しいと判断されれば、著作権成立の条件を満たさず、著作権が認められない可能性はあるでしょう。
    例のような発言は、創作性がなく著作権が認められない可能性が高く、その場合にはつぶやくことを制限されることもないといえます。

  • 相談者 1143194さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。そうなのですね。つぶやいてはいけないと言われ困っていたので安心しました。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す