無資格での契約書のテンプレート販売

公開日: 相談日:2022年05月09日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
行政書士の方に契約書のテンプレートを作成していただき、著作権を譲渡していただきました。

【質問1】
このテンプレートを無資格の者が他人に販売することは何らかの法律に抵触しますか。

1142484さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    柴山 将一 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    その契約書が著作物に該当するとして、著作権の完全な譲渡を受け、なおかつ著作者人格権についても行使しないということで合意が出来ているのであれば、そのテンプレートを単に販売するだけでしたら著作権法に違反することは原則としてないでしょう。

  • 相談者 1142484さん

    タッチして回答を見る

    無資格の者が他人のために、契約書を作成してはいけないようですが、本件は問題ありませんか。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    柴山 将一 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    具体的な事案に基づいて法的に検討し契約書を作成するのであれば確かに問題がありますが、単なる契約書のテンプレート(雛形、定型)を販売するというだけであれば、例えばそのような書式集も出版社から販売されているように問題ありません(他人のために契約書作成業務を行っているわけではないですので)。販売の際に、契約書の内容について法律的な点など相談に応じたり、説明を行った利する場合には単なる販売ではないですので、問題があります。

  • 相談者 1142484さん

    タッチして回答を見る

    わかりやすく、納得できる回答をありがとうございました。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す