ホームページ制作会社の対応について

公開日: 相談日:2021年07月19日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
(去年7月)ホームページ制作とそのホームページの管理をホームページ制作会社に依頼(ホームページは7月中に制作完了)→(今年2月)ホームページ編集依頼したが返事なし→(今年6月)契約満了になるはずなので別のホームページ管理会社に編集を任せようとして、解約をもちかけたが、ホームページはホームページ制作会社の著作権があり、渡せないとのこと。対応されていない話をすると、編集を忘れていたのような旨の返信がきて、謝罪があり、今後はこのようなことがないよう気を付けるとのことで4ヶ月ぶりに対応されました。しかし、何度もそれまでに電話で催促をしていたので忘れているはずはありません。会社を変えようとしましたが、何を言っても著作権の関係でホームページを渡せないの一点張りで、弁護士の方に頼もうと思っても費用面から諦め、あちらも忘れないよう気を付ける旨のことをいったので、仕方なくもう一度同じ会社に管理を頼んだ。なお、契約書はありませんが、明細の書いた請求書はあります。→(今年7月)ホームページ管理費を払うとパタリと連絡がこなくなり、編集依頼をして1週間経ったがやはり編集されない。(書面などは残していませんが、以前編集自体は1日程度ですぐできますよ!と言われたのを覚えています。)

【質問1】
この場合、相手(ホームページ制作会社)にどのような違反がありますか?

【質問2】
弁護士の方にこのような案件を依頼する場合、おいくら位を想定しておけばいいでしょうか?(相談背景の文でわからなければ、こちらはお答いただかなくて大丈夫です。)

1047114さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都8位
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > この場合、相手(ホームページ制作会社)にどのような違反がありますか?
    →契約内容次第かとは思われますが、契約内容にHPを編集する債務が含まれており、その債務を履行をしていないという点で契約に違反していると考えられます。債務不履行の態様としては、債務の履行期限を徒過している点で履行遅滞、または、本来すべきことをしていない点で不完全履行ということが考えられるでしょう。
    そして、その場合、当該債務の履行を求めるか、債務不履行による契約解除をし、返金または損害賠償の請求をすることが考えられます。

    【質問2】
    弁護士の方にこのような案件を依頼する場合、おいくら位を想定しておけばいいでしょうか?(相談背景の文でわからなければ、こちらはお答いただかなくて大丈夫です。)
    →弁護士費用は、各法律事務所によって自由に設定されます。
    基本は、請求金額(イメージとしては、問題となる権利・金銭等経済的な利益)をベースに考えることになります。ですので、HP制作・編集等の契約金額というのがひとまずベースになると考えられます。そして、よくあるのが、着手金として請求金額の〇〇%、成功報酬として〇〇%という形が多いでしょう(イメージとしては、全て成功した場合、費用全体で経済的利益の20~30%程度というところでしょうか。)。

    また、事件・弁護士によってはタイムチャージ(1時間あたり2万円程度~が相場でしょうか。)で対応される先生もおられます。

    もしも弁護士に依頼される場合には、事前に見積もりを出してもらうように依頼されると安心かと思われます。

    ご参考になれば幸いに存じます。

  • 弁護士ランキング
    東京都4位

    青山 知史 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りの状況、拝見いたしました。

    元々の契約条件などにもよりますが、取り決めた業務内容を履行してもらえない状況であれば、法的には債務不履行の状況にあると思われます。

    相当の期間を定めて債務の履行を求め、それでも改善が見られない場合には、債務不履行を理由に契約を解除なされてよいかと思慮いたします。

    ホームページについての著作権主張ですが、一般論としては、よほど思想的表現や独自性が現れていない限り、ホームページ自体は著作権の対象とはならず、相手方の主張には理由がない可能性が考えられます。

    また、契約書の内容などにもよるものの、仮に著作権の対象となる場合にも、相応の対価を既に支払っている場合であれば、ホームページに関する著作権の譲渡または使用許諾が既に得られているものとして、そのまま使用は継続できる可能性も考えられます。

    なお、弁護士費用に関しましては、依頼される業務内容によっても異なるうえ、個々の弁護士によって費用感は異なりますので、個別にお問い合わせされる方がよいかと思慮いたします。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す