請負契約に基づく請求(下請契約の存在は立証すべきか)

公開日: 相談日:2021年07月19日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
小さな工務店をしております。
ある住宅の塗り直し工事を受け,それを下請けさんにお願いし,完成させました。ところが,依頼主さんが30万円のうち3万円しか払ってくれず,簡裁での訴訟を検討しております。(法テラスも使えず,費用倒れになるとアドバイスされ,私が自分で行います。)

訴状を書いているのですが,請負の訴状の中に,下請け契約の存在を記載する必要はあるのでしょうか?具体的には私の会社が30万円で受け,25万円で下請けにお願いしました。
その場合,①請負契約,という要素事実の中に,下請契約の事実も主張しないといけないのでしょうか?

とにかく訴状を出したいと思っております。先生方何卒よろしくお願い申し上げます。

【質問1】
訴状を書いているのですが,請負の訴状の中に,下請け契約の存在を記載する必要はあるのでしょうか?具体的には私の会社が30万円で受け,25万円で下請けにお願いしました。

1047090さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    訴状を書いているのですが,請負の訴状の中に,下請け契約の存在を記載する必要はあるのでしょうか?具体的には私の会社が30万円で受け,25万円で下請けにお願いしました。

    請負報酬を請求する以上、履行の上で仕事の完成を書く必要があります。
    そして、具体的事実としては下請けが仕事を完成させたのでしょうから、そういう意味では記載が必要でしょう。下請けの請負の要件が問題というよりは、貴社の仕事の完成の要件を記載する中で、下請けの事情は自然と出てくると思います。

  • 相談者 1047090さん

    タッチして回答を見る

    先生まことにありがとうございます。

    そうしますと、厳密に何月何日にいくらで下請契約が存在してということまでの主張はなくてもよくて、自然と出てくるものを記載すれば十分ということになりますでしょうか?

    よろしくお願い申し上げます。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 厳密に何月何日にいくらで下請契約が存在してということまでの主張はなくてもよくて、自然と出てくるものを記載すれば十分ということになりますでしょうか?

    結局は、自然と出てくるものの中を具体的に書けば「何月何日にいくらで下請契約が存在して」という話は出てくると思います。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す